古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

無題。

2週間ほど、何も書けなかった。書く気力がなかった。
今は、春期講習中。いつもなら、「さぁ、いよいよ…」と決意も新たにスタートするのだが。。

14日追いコンの後、続けざまに15日、ピーチ氏上京。
俺、ピーチ、俺の彼女という奇妙な組み合わせで酒を酌み交わした日曜日。

そっからは10日ほど、ひたすらコンビニで働いていた記憶しかない。。。
2月からコマ数が激減していたため、やはりこちらを増やすしかなかったということ。
ただ、その後幸いなことに、他校舎で1コマ配当を頂けることが決まり、コンビにでは金曜日に日勤を固定で入れてもらえるようになり…収入面の不安は僅かに解消されてきました。

25日。約1年ぶりに腐れ縁(俺を学生時代、現エーピーへと導き、その一週間後に『肉まん什器の洗い方』のみ伝授しクビになった内輪では伝説の存在、ちなみにその後バイトに選んだのが志津屋だったのだが、偶然にも彼女とそこでいっしょに働いていたという過去を持つ。ちなみに、髪の毛をアッシュに染め、またクビになったことは言うまでも無い…)の女友達、通称あほっことお茶をしばく。
「あほ。あほ。」と散々馬鹿にしてきた彼女も、気が付けば正社員としてしっかり仕事をこなすこと3年…もう『あほっこ』とは言えないよなぁ…。

26日。春期講習始まる。なんしかだるい。
この日から実家に帰省。
学費の援助を受ける。

28日。朝勤マニュアル全9ページ完成。
これを作る暇があるなら、レポート書けと自分に言いたい。

そんな感じです、はい。あかんわ、中身0。
[PR]
by harapin56 | 2009-03-28 23:49 | UP↑時々DOWN↓系