古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

好きになるのに理由なんていらない。

フジの2時間ドラマ「指先で紡ぐ愛」

最初はなんとなくチャンネルいじっててそのままにしてた。
「宣伝終わったら耳をすませばに変えよう」と思ってたのに、
気付いたら全部見てた。

ストーリー、メッセージ、配役、役者の力量、すべてがマッチしていた。

特に中村梅雀と田中美佐子には引き込まれた。

身体障害者に対して健常者が「してあげる」なんて、なんとおこがましいことやろうか。
けど、この関係にかかわらず
優位な立場と勘違いし、なんとなくこう思っちゃう要素は多分にある。
ふと…乙武さんの「五体不満足」を思い出した。

福島さんの言葉。
「自分を大切にできない人は、他人を大切にできない。
一人で生きていけない人は、二人でも生きていけない。」

「何かをしてくれるから君と居るわけじゃない。ただ、いっしょに居たいだけなんだ。
僕には君の存在こそが重要なんだ。」

これは真理やと思うわ。

夫婦ってなんなんやろうな?
関係を育むって紡いでいくっていうことなんやろな。
そして、人が人を好きになるのに理由なんてないんやな。
ただ、この人といっしょに居たいと感じる…だけな。
[PR]
by harapin56 | 2006-03-11 01:30 | UP↑系