古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

理科が嫌いな私が理科を面白く感じた瞬間。

今日、正確には昨日受けてきた試験に『理科概論』という科目があり、
どうしても試験前に理科(特に化学・物理分野)の勉強をしなくてはいけなかったのだが、
その勉強の中で、久しぶりに「理科の知識があればこんなことがわかるんや!」っていう瞬間があった。

最初に言っておきます。
恥ずかしながら俺は知りませんでした、後述する事実に…。

以下のような設問があるのです。

コップの中に浮いている氷が溶けた時、コップの水面が上昇するかどうか理由を添えて答えよ。

で、それを受けてこの設問。

温暖化で、北極で浮いている氷が溶けた時、海面上昇が起こるかどうか説明せよ。

最初の問が後の問の基礎的知識なんですね。
ちなみに、答えは、どちらも上昇しません。
(北極の氷が溶けたせいだと思っていた俺は大馬鹿者ですね…南極はそうなんやけどね)

興味あれば、理由を考えてみてください。
ちなみに、中学生レベルの知識です。
ヒント(キーワード)は、①水と氷の密度の比較 ②密度=重量÷体積 です。
[PR]
by harapin56 | 2010-11-29 00:17 | 日々雑感