古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

勉強報告7/14。

小学校全科ランナー 完終しました。
といっても、忘れてるところ盛り沢山なんやろうな…
最初の方にやった国語、理科、算数あたりの学習指導要領は完全に曖昧ですわ(´Д`)
学習指導要領および指導法は覚えておけば確実に得点できる、やったらやった分反映される分野なので、残り10日ほどですが積極的に復習していきます。

さて…
現在は、日曜に迫った個人面接における2分間スピーチの内容を文字起しして精査中。
面接の練習はこれだけにしようと思っています。
聞かれる質問を想定してシュミレーションする…というのを多くの方がやるのでしょうが、
解答を用意してアウトプットすることだけに努めようとすると
想定外の質問がとんできた時にパニックになりそうであること、
普段から教育問題や姿勢については明確にしているつもりであること、
を踏まえてやりません。
その場で簡潔にまとめて答えます。
それよりも、しっかりと試験官の目を見て、意図が伝わるようゆっくりはっきりと話すことに留意しようと思います。

昨年の感覚では一人あたり12~15分程度、質問は2、3問だったと思います。
その程度の時間で見られる部分は限られているだろうというのが自分の見解です。
面接の観点が、こちらのレスポンスの内容が正しいかそうでないかの二者択一であるはずがない。
もしそうだ…と言われれば…笑うしかないでしょうね。

はい、真摯に答えられるよう、それだけに努めます。
[PR]
by harapin56 | 2011-07-14 14:32 | 教員採用試験に向けて