古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

あぁ…なんて深いのだろう。

卒論で、色んなお母さんに我が子宛てに遺書を書いてもらった。

我が子にこんな遺書を残したお母さんがいた。

「もう一度生まれ変わっても、お母さんは○○を生みたいな。
 信念を持って前へ進んでください。見守っていますから。」


・・・なんか、もう言葉にはならないものがこみ上げてきた。
こんなに短いセンテンスなのに…
なんやろう、、もの凄く深い愛情がそこに溢れてる。

気がついたらずっとコレを見ていた。
このお母さんは普段はいわゆるガミガミ系のお母さん。
でもこんなに想ってる。。愛に満ちてる。。

自分がこんなことを言われたら…

もう何もいらない。
これだけで十分な気がした。
[PR]
by harapin56 | 2005-12-20 02:22 | UP↑系