古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

ペンタゴン。

土曜は急遽、休みになり土日2連休。
朝起きて洗濯、掃除をいつもよりも念入りにする。
というのも、土曜の夜にはシメイ荘探検隊が来るから。
気付いたら15時。
とりあえず銀行ATMへ。
そしたら愛ちゃんに会う。
他愛もない話をしてトリオへ。
そして買い物へ。

ニックで買ったタオル掛けをトイレに設置し、まさに完了せんとす…時に一本の電話。
氣志団やないが、
「朝日会館に来ないか?」
飛ばすタクシー、燃えるボーリング。
指し夫さんと相方のコラボについていけない。
俺は相手をよく自分なりに分析して、咀嚼してから話し始めるから、掛け合いが苦手。
それがもろに出た。
絡みにくかったやろうな…。って思う。
今、自分はこの位置なんやって思った。
ま、今はそれでいい。

そして、シメイ荘に使徒襲来。
マジ話、恋話、なんなりと話し、気付けば朝10時前。
ようやるわ、俺ら(:´▽`)=з

送った後は死んだように眠る。
起きて、すぐバイト先の送別会へ。
寿退社やった。
まさか…?って思ってたから意外すぎて。。。
最後に、「おめでとう。今から二人で幸せになるよう創っていくんやね。別れそうになったらまず相談してやね(笑)」ってしか言えなかった。
若い二人の前途多難、かつ希望に溢れた未来を蔭ながら応援したい。
そんな気持ちで今から帰途につきます。
[PR]
by harapin56 | 2006-04-16 22:17 | UP↑系