古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

私とワルツを

これ聞くと、死にたくなる…
この時期の鬼束のしんどさが読み取れるだけに尚更なんだな。
「優しいものは怖いから」というフレーズは本音だろう。
それでも優しさには飢えているジレンマか…。
人生においてまともに哲学をしているが故の繊細さか…悲しいね。


[PR]
by harapin56 | 2012-11-11 00:43 | 日々雑感