古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

コーチング。

ミクシィからブログを撤退させたので、書きたい放題書けるというわけで。

会社の研修が午前中にあった。
まぁまだ半人前やしね、これに関しては初心者甚だしいしね。
自分の中でも今言える立場なのか、
言うほどの経験値を獲ているのか、
を考えると言ってはいかんのかも知らん。

しかし、その使い方、位置付けにコミットできない自分がいるのもまた事実。

何が気に入らないのか?

胡散臭い…の一言で言ってしまっていいのかな。。。
すべての人々に当てはまらないということと、コーチングの「人はそれぞれ」という基本センスに矛盾を感じる。
もう一つ。

「人は自分の中に答えを持っている」というセンス。

ほんまか、これ?

小学校低学年を指導していて思う。
引きだそうにも、引き出しがないねん。

そこではコーチングは使えへんのやない?

聞いてみた。
その回答は?

そんな時もある。。。

…出た。
必殺『アンコーチャブル』

基本と矛盾してるよやっぱ…。

「それもまたいいと思うんですね」
っていうフォローもなんか苦しく思える。

コントロールはしないと言うけれど、暗にコントロールかかってるやん…。

会社はどの方向に向かうのか?
コーチングが絶対ダメなわけじゃない。
けど、すべてだ!というコントロールはおかしいと思う。

合掌(-人-)合掌
藤岡 弘。
[PR]
by harapin56 | 2006-05-13 22:01 | DOWN↓系