古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

NYT学園から見たIEN 中・高。

ぶっ続け、塾説3連チャンしている最中。

本日は朝八時に家を出て遠路遥々、奈良は某王寺駅から徒歩15分ほどのNYT学園へ。
ここはバリバリの進学校(ONLY MEN)。
ついには今年東大・京大合格者数で関西随一のND高を超えてしまった…。

芯はしっかりしているし、昔ながらの規律、伝統をしっかり守って中身のあるエリートを輩出しようという意気込みや実際の取り組みも頷ける。

いや、本当に生徒に文句のつけようはない、ない、まるでない。

ここはエリートを輩出する学校。
先生も鍛えられている。
プレゼン見てたらわからぁな。
ちぃと、慇懃ぶって話すのが気になるっちゃなるが…。
しかし、しかし、
もちろん必要だし、めっちゃ肯定している、俺は。

でも、同時に
IEN中・高を讃えたいとも思うのよ。
ここは、東大京大は出せない学校。
笑えるのは出そうとも思っていないところ。
今、敢えて時代に逆行!!
その代わり、中堅国立・私立にほぼ全員が行く。

入ってくる生徒は偏差値40そこそこなのに。
入ってからグッと伸びる学校なんだわ。

東大京大に無理矢理行かすよりもその子にあった大学に合格する力をつけること、豊かな人間性を、道徳を身につけることが大切で、なんと他人から、他校から言われようとも、これこそが我々の使命なんだと思う…と言い切れるのは、営業下手やなぁ、と思うけど、憎めない。好き。

この学校、多くの受験親のニーズに応えようとはせんから、ハイレベル進学目的の子は来ない。
だから、ずっと知能の高い子が入らないというスパイラルにある。

なんかな…ホンマに素朴な学校よ。
しかし、
今こそこういう学校って光を浴びんといけんのやないかな?

ハンッ…( ̄^ ̄)って鼻で笑われてしまう今の時世が悲しいと思えてならない。
[PR]
by harapin56 | 2006-09-15 19:03 | UP↑系