古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

蒲公英

一人でいると寂しいのかな。
みんなでいると楽しいのかな。
一人でいると考えてしまう。
なにかやること他にないかな。




19の蒲公英を聞いていて少しセンチになるとともに
改めて、90年代 J-POP の良さを痛感する。
今の流行の曲がけっして嫌いなわけではない。
いいものはいい、それはいつの時代も変わらない。
しかし、自分にとって90年代の楽曲は何か特別なものに思えてならない。
三十路になっても、四十路になっても、
カラオケで歌っている曲は90年が大半なんじゃないだろうか。
なんとなくそう思う。
今でも青春してるし、今後も俺はずっと青春の心意気。
なのにな~。ここに帰ってきちゃう(^_^)
不思議ねぇ。。。
特別90年代に名曲がたくさん輩出されたとは思わない。
10代に聞いた曲って印象が大きいのだろうかねぇ・・・。
この曲があったからってわけではないけど、俺、タンポポ好きやなあ。



いつかとどくだろう、空を舞う僕たちは風と一緒に加速していく。
一緒に咲こう、僕たちは笑おう、また秋に飛んでいけるように。
僕たちは空を飛ぶ花になる、青空へ少しずつ自由に。
でこぼこ道や、硬い道でも、ゆっくり咲こう、そこで花になろう。

[PR]
by harapin56 | 2006-01-11 00:12 | UP↑系