古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

イエスタデイをうたって。

今、標題の漫画がおもしろい。
派手なアクションものでもなければ、神妙な文学ものでもない、いわば『ミニシアター系』といえよう。

とてつもない場面変化や状況変化があるわけでもないし、何より一年に一巻でるかどうかとスローリー…。
内容も発刊速度もとても緩い漫画だ。

特別絵がうまいわけではない。
内容だって上述した通りだ。
だのに何だろう…心地よいのだ。
きっとそこに流れる時間や人が。

これを読みながら、くるりの歌を流すのが今の一興。
コーヒーと煙草があれば尚よし。
そして、その日が休日ならさらによい。

読んだことのある人も、ない人も、一度は手にとってほしい。
[PR]
by harapin56 | 2007-04-25 02:24 | 自己発信