古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

拝啓、バイロン君。

想定していた通り、ご多分に漏れず、欝です。

やぁ、こんばんは。


先日からどんなに楽しい時間を過ごそうとも、
ず~っとグルグル脳内を廻っては消え、廻っては消え…。
で、考えれば考えるほど整理がつかない。
自分はそんなタイプではないと思っていただけに、混乱は広がる一方だ。
まぁ、なんせ…死ぬほど好きだったのだから。

そこでだ、偉大なる恋愛思想家バイロン君…。
君の考えと心中しよう。
格好をつけるのはやめてしまおう。
格好をつけて、合理化自己完結…。
つらいけど、ちゃんと相手の反応を待ち続けよう。

時が癒してくれる…いやいや、正確には「風化させてくれる」
…なんて事実は一先ず置いておいてさ。

たとえどうなろうとも、死ぬまで好き。
[PR]
by harapin56 | 2007-05-05 02:21 | 日々雑感