古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

ストローク。

我々は入塾されてから2ヶ月が経過した園生に「2ヵ月後アンケート」というものを書いてもらっています。
今回それを見ていて、とあるお母さんが書かれたちょっとばかし気になる記述があったのでお電話でお伺いをたててみました。

その子は昨年の11月頃から入塾を決めてくれていて、初登園までの4ヶ月間、プレスクールで授業を持たせてもらっていました。
さらに、5月GW明けにクラスが割れるまでは、ずっと担当させてもらいました。
問題はこのクラスが分かれてからで、私は休みの都合上、上のクラスを担当することになりました。(本当は下のクラスを担当したかったのですが、様々な都合上不可能でした・・・)
その子は下のクラスに入りました。
つまり、私は担当を外れたことになります。
約1ヶ月、まったく国語を通じて絡むことがなく、こちらも気になっていました。

で、結果から言うと、
「原先生がよかった。先生の授業を受けるために上のクラスに行きたいと言ってるんです。」
と仰いました。

講師としてはこれほど、講師冥利に尽きるものはありません。
校の運営に携わる教務としては、少々困ったことですが、何より嬉しかったですし、
この家族の為に何か自分にできることはないだろうか?
と真剣に考えたいと思いました。

人はこういったストロークをもらい、やっていけるのだと強く思う本日の出来事でした。
[PR]
by harapin56 | 2007-05-31 03:26 | 自己発信