古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

雨の日曜日。

いじけてたってどうしようもないから、僕はまた仕事に行く準備をしているのさ。
縁側で一人ボーッとしてたいのさ。
半ばやけになって複雑な気分。
君に言う事はもう何もないから。
明日には僕は多分、立ち直っているのさ。
今日はちょうど雨でうっとうしいから、仕事はやめにして家にいようかな。
(無理、無理…笑)
雨の日曜日、君の事を待つよ。
何もかもが変わってしまったら、少し疲れた時は帰っておいで。
居場所ぐらいは残しておくから。
雨の日曜日、君の事を想うよ。
何もかもが変わってしまったら、僕の顔でも思い出しながら苦笑いでもして下さい。
イイ奴のフリはしたくないだとか、
本当の事を君に伝えたいだけとか、
根本的にはどうでもいいのさ。
ただ僕はずっと僕をやっていくだけさ。
雨の日曜日、君の事を待つよ。
何もかもが変わってしまったら、少し疲れた時は帰っておいで。
居場所ぐらいは残しておくから。
雨の日曜日、君の事を想うよ。
何もかもが変わってしまったら、僕の顔でも思い出しながら苦笑いでもして下さい。
[PR]
by harapin56 | 2007-06-17 05:29 | 自己発信