古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

【2回裏】お父さんを見なさい…

特に何をしたかったわけでもないけれど、不意に母親と喋りたくなったから、
「なんか、ご飯食べさせてくれんね?」
と家に帰ってみた。簡単なものでよかったのに、
「今日は屋外で鉄板焼きよ!」
と母、張り切る。。お~ぃ…母よ…うちら二人しかおらんぞ???

食事って、どこの家でもそうだと思うけれど、うちでは特に会話のツールとしての要素が強い。
食べるものが大事じゃないわけじゃないけど、その「食べる」という時間の共有に重きを置いている。
食べながら…近況をつらつらと報告していて(うちは結構親子間でえぐい話もする)、
母、曰く…

「あなたは、釣りで言うなれば、針にかかってからはいいのよ。でも、針にかからせる術を知らないのよ。。。
あなたの誠実さ…それは悪いことじゃない。けれど、そればかりでもいけない。
それはね、本当に大切にすべき人が見つかった時のためにとっておくの。
あなたは若いのだから、もっともっともっともっと今は色んな女性を知りなさい。そして、その中で、あぁこの人…という人を見つけていきなさい。ま、私ほどのいい女はいないと思うから、そういう意味で私を基準においたらダメよ!(←ぉい…。。)
また、色々な女性とコンタクトを取る為のさっき言った術を研究していけばいいのよ。
あんたはいい奴だけど、色気がないんだから、まったく…。
お父さんを見なさい…あんなんでも、魅力的なんだから(笑)」

父よ…母よ…
真実をズバズバと物申されるが…
今、将に水がスポンジに染み渡るが如く納得することができるよ。

ところで…おそらく、他の家庭から見れば、うちってきもい???
[PR]
by harapin56 | 2007-09-10 14:08 | 自己発信