古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

この手を離せばもう会えないよ。

今、トボトボと鴨川沿いを歩いています。
今の時期、朝晩は非常に歩きやすいですね。
心地よい汗のかき方ができます。

標題は今歩きながら聴いているSEAMOの『マタアイマショウ』の一節から抜粋しました。
というのも…
夜半鴨川沿いを歩いてあると、様々な人間関係が垣間見れるのですが、今回おそらく別れ話をしているのであろうカップルを目撃してしまったので。

男子、号泣でした。
よほど別れたくなかったのでしょう。
女子、げんなりでした。
よほど、それがうざったかったのでしょう。

あぁ…残念、この温度差。

心の中で呟いたものです。

「男子、頑張れ!顔を上げろ!またきっといい人に会えるから…!」

何も事情がわからないので、こういう際はついつい弱い(であろう)立場に肩入れしてしまいます(笑)

それにしても…
ほんま色んな人がいますよね、こんな時間なのに。。。

ランニング中の人や、肩を寄せあっているカップル、話し込んでいる友人同士…なんかは別段珍しくはないけれど、川べりで譜面立てて音楽やってる奴がいたぞ…。しかも、ギターじゃなくて、なぜか『アルトリコーダー』だったぞ…?

おもしろいよなぁ。
だけん、鴨川からは離れられんわ。

こーし、けいくん、かずいっちゃん、さらいっち、てんどん…京都やっぱえぇわ(笑)
また、集まれたらえぇな。
[PR]
by harapin56 | 2007-09-18 00:27 | 日々雑感