古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

Last Scene.

ラストシーン
なんとも偶然にも素晴らしい映画に出会いました。

くだらない周りの人間の中、仕事に情熱を失くして現場を去ろうとするヒロインとかつて一世を風靡しその後地の果てに堕ちたものの年老いてから二度と戻るまいと誓っていた現場に引き寄せられた元スター俳優。

舞台は映画撮影現場ですが、
仕事の意味や価値、また、人を動かす圧倒的な力…
感ずるものが溢れていました。

あまり映画を見てぼろぼろ泣くことはないのですが、不覚にも後半の後半(文字通りラストシーン)には号泣させられました。

こんな映画があったんだ…当時スクリーンで見れなかったことを後悔するとともに、まだまだ映画捨てたもんじゃないな、と・・・すぅ・・・と思えました。
映画館に足を運びたくなりました。
[PR]
by harapin56 | 2007-10-05 03:58 | 自己発信