古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

入社試験+デート。

08:00 起床
→のそのそ支度を整えて、いざ試験へ。

『ここを解説してください』
ピンチ…2つのうち1つ答えは分かるんだけど、どう解説していいか分からない…。

とりあえず、その場で捻りだしてGO!!
→いつものテンションを意識し、後悔なくやりきった。

が、やはり突っ込まれた。
『ウでない根拠は??』

答えました。
『すみません、わかりません!』

どやされるか呆れられるかと思ったけれど、
『うん、確かにこれは解説難しい』
と言われました。

その後、面接を経て、詰めの話に移行するも、
ネックになったは、今年から通信教育を受けること。
スクーリングで講習会に穴をあける可能性は否めないしな…。

とりあえず、連絡待ちになりました。

13:00 社を出る。
→京都は四条へ。


14:10 到着、彼女合流。
八坂あたりほっつき歩こうと計画するも、空気読めない雪吹雪…( -_-)
が、雨ニモマケズ風ニモマケズ雪ニモマケズ…決行!
今年初めておみくじをひいて、出てきたは『半吉』。・・・・・微妙。
それから、二人でお賽銭投げてお参りして、願いましたは秘密です。
『ぇぇい!ここまで来たら!』
と、円山公園継続。
ほとんど誰もいない、簡素な円(マル)もなかなか乙なもんです。

道中たくさんの話をして、お茶して、買い物して…
ぉぉお…なんか普通のデートっぽい。。

何より自然に自分を出せて安心した。

『最悪、養ったるがな!…って言えへん甲斐性なしでごめんなぁ…』
『大丈夫。最悪、養ってあげるから☆』

この会話できたら大丈夫。やっていける。

ますます彼女を愛しく思えました。

帰る道すがら、手をつないで帰りました。
しばらく味わってなかった充足感が、じわぁ~…と胸に拡がっていきました。
(「26にもなって何だ?その中学生みたいな恋愛は!?」と指を指されるかもしれませんが、いいんです…幸せだもの)

今からしばらく忙しくなります。
全部終わって落ち着いたら…海遊館に行こうね(^_-)☆彡
[PR]
by harapin56 | 2008-01-17 20:42 | UP↑系