古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

27度目の『おめでとう』。

3日に引っ越してきて、連休を挟んでようやく落ち着いた。
3、4日はただただひたすら整理に追われた。

5日。
整理のお手伝いに、彼女がきてくれた。
俺は段取りがあまりよろしくないので、こうして誰かがいっしょにやってくれるととても助かる。
ところで…折角きてくれたのに、ガスを通してないことに気付いた。
女の子、お風呂無しはきつい。
というわけで、久しぶりに、銭湯へ繰り出した。
最後に行ったのは、去年の夏、岡山でかな。
「濡れた髪が芯まで冷えて…♪…神田川するかね?」
なんて言ってたものの、神田川したのは自分でした。
女の子の『すぐ』はすぐではない。

明けて6日。誕生日。
まぁ正直、もはや誕生日そのものにこれといって感慨はないですよ。
ですから、あとは誰に祝ってもらえるか…それに尽きるわけですが、今年はその点に於いて、彼女がいっしょに居てくれましたから、例年になく幸せ万吉でした(*´∀`)ノ。+:゜
急な引っ越しの最中、こうして幸せな一時を演出してくれているのは間違いなくこの人なわけでね…。
「ありがとう。スキです(ノ>_<)ノ゛『愛』」

で、GW最終日6日は、名古屋へ繰り出しました。
彼女が行ったことなかったからです。
この日は想定外な失敗と、想定内の失敗が同時に起こりました。
えぇ…失敗だらけでした。
①大和○○多すぎな近鉄の駅名について
予め購入していた特急券の乗り換え指示は、『大和八木』だったものの、『大和西大寺』と読み違えて、再度特急券購入…死亡。。

②食の文化の違いについて
名古屋駅高島屋13Fにて、名古屋名物『味噌煮込みうどん』を食さんとす。
俺は一度食しているので、その味は知ったところだが、彼女は初めてだから。
で、案の定…箸を置きたい気分に二人して襲われる。
もったいないから食べるけれど、誰か代わりに食べてくれるなら…もういい。。
東海の方には申し訳ないが、食は関西のほうが圧倒的にうまいと思います。
あと、あれを『うどん』と言わないでほしいというのが、二人の願いです。

③名古屋城が16時半で閉まる点について
先に大須観音に行ったのが失敗。
正門に着いた瞬間閉館にて…死亡。。

とりあえず、そんなGWでしたが、楽しかったです(´▽`*)
[PR]
by harapin56 | 2008-05-12 10:19 | UP↑系