古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

涙そうそう。【前編】

桃少年の弟さんが結婚した。
いい式だった…。
心からそう思える式に招いていただいて、自分はとても幸せだ。

23日(金)「結婚式前夜」

高速バスに乗り、一同19時すぎに津山入り。
インターで降りたら迎えが来ることになっていたが、ありがたくも新郎自らお出迎えいただいた。
本人は、実感がわかん…と言っていたが、そうだろうなぁ…と思ったものだ。
新郎の実家、もとい、桃少年の実家にお邪魔すると、いつものようにおっちゃんとおばちゃんが温かく迎え入れてくれた。

「今日は、明日のことがあるけん、飲むんはほどほどにせぇなぁ」

おっちゃんはそう言うて、上半身裸になった…。
もうこの辺りでおかしぃ感じはしたのだ(笑)

ほんの一時間ばかりで、酒はビールから焼酎に移り始め、と同時に、おっちゃんの台詞も、

「んぉう…何ぃ?前夜祭じゃあ( ̄□ ̄;)!!飲めぃ!!」

に、変化した。
こうなると、もう負えん。
22時半リミットじゃ。なはずが、結局2時くらいまで飲んでたんじゃないか?
新郎は翌日、若干寝過ごしていた。
[PR]
by harapin56 | 2008-05-26 20:16 | UP↑系