古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

このところ。

更新も滞る今日この頃。
お久しぶりです。マラクニマンです。

前回からの展開を大まかに記すと以下のようになります。

喧嘩する)⇒意地になって連絡取らず【当然喧嘩中】)⇒10日、馴染みのBarにてマスターに諭される、メールを一本打つ『おやすみ。』【喧嘩中だが返信くる『おやすみ。』】)⇒翌日、電話にて仲直り【LOVE】)⇒私、名古屋にてBROS.と再開、at 愛知牧場【平和】)⇒週明け、彼女仕事始まる、仕事でストレス溜まる、すれ違いにて喧嘩)⇒きちんと話し合う。自分が忙しかったり精神的にきつかったことは確かだが、きちんと話を聞いて支えてあげられなかったことは反省する。相手も理解を示してくれたことは大きい【喧嘩多いな…】)⇒現在、彼女、友人と北海道旅行中


喧嘩していた時のこと、13時半~TBSの昼ドラの中で、嫁さんの言ってたこと。

『あたしも旦那とずっといっしょにいるけれども、相手のこと本当はよく分かってない。分かってないことの方が多いんじゃないかな。夫婦っていっても、もとは他人だから。でも、分かりたい…そう思う。そうやって繰り返していって、本当の夫婦になるんじゃないかな。』

名言でした。本当にそうだと思います。
今後もやはり、喧嘩はするでしょう。でも、この気持ちを忘れたくありません。

明日、朝勤です。寝ます。
[PR]
by harapin56 | 2008-09-21 01:00 | UP↑系