古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

叡電に揺られて。

未だ京都市内を駆け巡っている電車、嵐電&叡電。
本日、日々連れ添った女子と伴に叡電を謳歌した男ここに一人。

【一乗寺】
◆一乗寺中谷なる有名な菓子屋
「絹ごし緑茶ティラミス」を彼女、購入するも、買うか買うまいか散々迷っていた間に店員の機嫌が急降下…接客態度が悪くなった原因は我々であろうか?と二人して凹む。

◆詩仙堂

f0002815_22153927.jpg
f0002815_2216112.jpg
f0002815_22162316.jpg
f0002815_22163934.jpg


以前『てしこ。嬢』とまわった時には閉まっていたそのそれに突入。
お堂そのものよりも、庭園に趣を感じる造りであると個人的には感じた。
格好つけて表現したが、あまりにここに関する関心や知識がなく、歴史建造物をめぐる際には最低限の知識がないと面白さが半減することを実感。

◆夢を語れ…ラーメン屋
結論から言うと二度と行きません。有名だから並んでみたが…う~ん。。名古屋の味噌煮込みうどんと同じなのですが、二人ともこしの無い麺が許せなかった。
食べ始めてから終わるまで一言しか言葉を交わさず黙々と食べていた時点で、お互いがどう感じているか以心伝心でした。
ただ、量は『ラーメン小』で普通の店の2倍。チャーシューもたっぷりのって600円なので、高カロリー必須の体育会系や貧乏学生にはお勧め。

◆恵文社…本屋&雑貨屋
個人的に、ここの空気がダメだった。
ビレバンとは違う。芸大が多いせいかな…?全体的にアーティスティック。俺はあかん。。。

【貴船口】
山道をとぼとぼと歩くこと20分。◆貴船神社到着。
悲しいかな、独りで訪れる女性を多数目撃。和泉式部が夫との復縁を祈願した神社ということで、縁結び祈願なのかな。
ここにおける今日一↓…絵馬に書かれた一文で最後を締めくくります。

「拝啓、神様…
 どうか、私にふさわしい男性に出会えますように」

どんだけ、上から目線やねん…。
[PR]
by harapin56 | 2008-12-14 23:27 | UP↑系