古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

年の瀬とM-1 と不景気と ~おら!おら!師が走る~

あッ・・・・・・・・・・













という間に、2008年も終わろうとしている。
彼女ができ、会社を辞め、間もなく他社で非正規雇用として働き始め、と同時に学生生活もスタート、ついでに一人暮らしもスタート。
ここ数年で一番変化した年やったなぁ(´-ω-)…と実感するわ。
フィー…(前職でよく使われた単語なので心情よろしくない、よって割愛)、いや、振り返りをきちんとしないといけんなぁ…と思うが、それはまた別の機会にするとして。

さて、先日は、
夕方から彼女とおちあい、SATYで具材を購入し、家でお好み焼きを作ってわぃわぃやりながら過ごしたのやけど、18時半からはチャンネル6!!
結果は、ノンスタイルが圧倒ということで、もうこれは観ていて納得。
審査員も言ってたけど、
『自分のなかではダントツ』
しかし、逆に言うと、決勝に行った他の二組はまぁ別として、他のファイナリスト達…ファンもいるやろうし、言いにくいんやけど、それでもあれは…どーなん??というのが、正直な感想。
彼女曰く、

「もう獲るべき人たちは獲ってしもたんちゃう?」

うん、そうなんかも。
以前は、「もうこのコンビやろぅ!?」という圧倒的に面白いコンビが必ずいて、脇もそれを脅かす存在感があった気がする。
今年は、なんかパッとしなかった気が…もちろん、その中でノンスタイルは輝いてたんやけど…。
なんしか、M-1はこのまま本命不在って感じで尻すぼみになっていくのやろか…?
来年、超新星でも出ないかぎり、特に観たいとは思えなくなってしまった。

ところで、
当たり前ながら日本は不景気なんやね。
どの報道番組をつけても、やれ派遣切りだ、やれ路上生活者急増だ…と、こればっかだ。
また、国がこの状況を打破すべく動かねばならないのに動かない!麻生支持率低下!と続く…。
なんかね、こういう報道を観ていて疑問を感じるどころか、腹立たしさまで感じるのは自分だけなんやろか???
…というのも、今くび切られてきつい状況に追い込まれている人には2種類あると思うから。

①終身雇用の時代を経て今まで会社に献身してきた人たち

②正社員が嫌でフリーターや派遣として働いてきた人たちや何だかんだと理由をつけて正社員以外に従事してきた人たち(正社員になりたくてもなれないと言っている人たちを含む

前者は不可抗力やから、救ってあげないと確かに可愛そうだと思う。
しかし、後者は自己責任やん?と思えてならない。
時間やルールに縛られて自由を制限される正社員が嫌で逃げてきたんやろ?今まで大半の人が自分の願望をある程度我慢してやってきた裏で、好き勝手にやってきたんやん。
時には、「サラリーマンなんかになりたくない、社会の歯車になりたくない、あれは社会の豚だ」なんて格好付けながらさ。
そのつけが今きてるんやん。

働き口がないから、仕方なく派遣やアルバイトやってるやつも同じ。
経済的な状況が影響したならいざ知らず、自ら勉強することを放棄して、みんながやりたくもない受験勉強してた時、遊んでたんやろ?で、大学出てるやつより就職率低いだの、希望どおり就職できないだの…当たり前やろ。

今かろうじて守られている人たちは、みんな何かと我慢をしながら、人生を歩んできた。
やりたくないことも我慢して、時には腹立つ理不尽なことも言われ、それでも耐えてきた。
だから、今がある。

結局はまわりまわって自己責任やって。

マスコミはこういった人々をいっしょくたにして、社会的弱者と宣う。。

ごみみたいなマスコミ…なくなった方が世のためな気がしてならんよ。
[PR]
by harapin56 | 2008-12-22 22:57 | 自己発信