古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

カテゴリ:UP↑系( 215 )

2013年、元旦

おめでとうございます。
更新滞るこのブログですが、
昨年11月頃からFacebookに移行しています。
現在自分用に過去日誌を書籍化せんとしていまして、
それが完了しましたら、ここは閉鎖となります。
どこからかとんでこられた方々、今まで本日誌をご贔屓くださり、ありがとうございました。
またご縁がありましたらば、Facebookのどこかで…。
[PR]
by harapin56 | 2013-01-01 14:14 | UP↑系

旧友。

皆に会えたことが活力になります。
普段なかなか他者に言えないことが発散できて助かります。
話すほどに自分の不完全さに気づかされるばかりですが、しかしメタ認知の大いなる一助になります。
当然の話ですが、様々な人に支えられ今の自分があります。
言いにくいことが言えました。
本当にありがとうm(_ _)m
第一義は自らのために、そして皆に喜んでももらいたいので、頑張りますとも。
[PR]
by harapin56 | 2012-05-02 23:12 | UP↑系

久しぶりの休日。

8時起床→部屋の掃除。
12時~彼女の知り合いのオーケストラを鑑賞に文化パルクへ。
1時間でへたれる。興味がなさすぎた。
今から久々に飲みに行く。
[PR]
by harapin56 | 2011-09-19 19:28 | UP↑系

orange days.

今、昼に再放送してる。
第一話の再放送を見た後、待ちきれず、ここ二日でネット上の動画配信にてコンプした。

大学時代を思い出して、なんしか懐かしく…そして泣きそうになる。

ドラマ上のオレンジの会=うちらのBros.
やったんやね。
うちらに限らず色んなオレンジの会があったんやろうな…。
あん時はリアルタイムでこれ見てキャイキャイ言ってたな。
「カイ イッテラッシャイ」っていう最後の台詞に萌えてたんよな。
特にまさる…がな。

今、違った見方をしてるわ。
大人になったんやな(なってしまったって言った方が心情的に正解かな)って強制的に確認させられる。
だもんで、少し悲しい。

あぁ…感傷的になりすぎて何を言わんとしたかわからなくなってきた。

頑張ろう、そう思ったんよ。
[PR]
by harapin56 | 2011-01-15 08:29 | UP↑系

親友の結婚。

12月12日、晴(先日まで降っていた雨がまるでこの日にあわせたように引き、また、気温も異例に高い絶好の日和りでした)。

大学来の一番の友人といってよいでしょう、こうしとまりさんの結婚式。

友人を代表して祝辞を承っており、前日から異様に緊張していた。

12時前に式場に着くと、久しぶりに顔を見る級友、恩師。
それだけで、とてもすばらしい一日の予感がした。
結婚式は、もちろんそれ自体が素晴らしい行事だが、それに付随して懐かしい顔が一堂にかいすところにもまた一興がある。

二人が付き合い始めてから、ずっと傍で見てきて、気付けば、早や6年強…。
ようやく大好きな二人が一つの家庭を築く、そんな特別な感慨を覚えながら、今までの思い出を思い返していた。

祝辞では言えないようなこともたくさんあったよなぁ。
あ、ちなみに祝辞は、緊張の余り自己紹介をとばすというアクシデントがあったものの、彼の恩師、ミスターゆくじのハートを射止めたらしく、『才能だよ!』と甚く誉めていただきました。
前日までかなり内容を変えながら思案していたものだったので、気持ちが伝わったことがとても嬉しかった。

二次会からは、また新たに懐かしい面子に出会えた。
実は学生時代見えなかった彼らの一面(かなり気を遣える優しい奴なんやな…と)が見えたりね。
本当に貴重な時間を過ごせた。

この結婚式を通じて、自分を取り囲んでいる仲間の素晴らしさを再度痛感させられた。
そして、そんな仲間に囲まれている自分もその価値があるのかな…って自信になった。

おめぇら…みんな大好きだぜ!!
(ごめんな、上から目線のようで…)

こーし、まりさん、
ほんまおめでとう!!
心から、嬉しい☆
幸せでいてな。
そして、俺の番になったら…そん時はまたよろしく。
[PR]
by harapin56 | 2009-12-13 23:55 | UP↑系

ご対面。

24日(金)、初めて彼女を自分の両親に紹介した。
思い起こせば、去年の8月頃、彼女の立場に自分が居た。随分と緊張したものだ。
きっと、今日の彼女もそうなのだろうことに理解を示すことは難くない。
実際に随分と緊張していたようだ。

以前…5,6年前かな。
当時の彼女を両親に紹介したことがあった。
後々にわかったことだが、その時の両親の彼女に対する評価は最悪のものであったらしい。
まぁ、確かに常識のみならず思いやりにも欠けていたからなぁ…。
(本人が好きなら、我々が口を出すことではないから…と、その時は何も言わなかったとのこと)
正直なところ、この時のことがあったから、彼女を連れて行く…なんてことを想定すると、親の目を意識するようになったものだ。

しかし、今回はその点については、不安はなかった。
「緊張はするだろうけれど、特別意識せず普段どおり振舞えば良い」
俺があれこれ指示を出す必要はない。自信があった。

うちの両親は、嫌悪感を抱いてもその場で嫌な顔をしたり、批判したり叱咤することはない。
その代わり、とても他人行儀にその場をやり過ごすようになる。
「この子が帰ったらもう二度と会うことも無いから…」
そして、「またおいでね!」とは100%言わない。
今回両親は、日頃自分に接するようにフランクに話していた。
「あぁ、彼女のことをいい子だと思ってくれているんやなぁ」
と、感じられた。
実際にその後、「いい子だね。また連れておいで」というコメントが出されたので、
心配はいらないよ my ハニー。
[PR]
by harapin56 | 2009-04-25 00:59 | UP↑系

追いコン。

本日、朝勤の女一人と夜勤の男一人…この二人はできている…が、めでたく、あんぽんから追い出されましたとさ。
餞別に、近藤無さんを約40個ほどくれてやりましたよ。
今日は帰って、間違いなくまぐわっているさ( ̄ー ̄)

まぁ…二人とも春から新社会人。
この向かい風MAXな御時世だけれども、へこたれず、ひと先ず一年、堪え難きを堪え、忍び難きを忍んでほしいものだ。
宣言していた子作りはいいから、体力とストレス耐性作れよな。

ま…喜んでくれたと思われるし…いい追い出しができたんだろう。
幹事としての役目を終え、足下ふらつく中、帰宅中ハムニダ。

明日の予定↓
朝勤→授業→ピーチボーイと酒。

追伸)
しかし…改めて飲み放題の焼酎は不味い…。
[PR]
by harapin56 | 2009-03-14 22:23 | UP↑系

知己。

先日、突然、大分の知己から朗報届く。
『急遽、京都に取材に行くことになった。』

大学時代のBros.のメンバーではあるが、実は二人きりで話をするのは初めてではないかと思う。

19時頃には、仕事から上がれるとのことで、おちあった場所は木屋町。
学生時代、重宝した町である。

「ホッピーに行くか?」
と、繰り出したが、着いた先はホッピーではなく、小洒落た店へと変貌していた。

構わず、in。

始めは、「何を話そう?」などという緊張感に包まれていたのが事実。
しかし、今日の私は冗舌だった。
前の緊張などどこかに飛んでいっていた。
他の知己について。
互いの恋愛事情について。
大学時代の裏話について。
などなど…話題は尽きず、あっという間に3時間半が経過した。

どんな形であるにせよ、遠く離れた知己が地元を訪ねてくれることは嬉しい。
私は非常に興奮していたのだと思う。

この先、まずありえないが、みんなで集まれたらどんなに楽しいだろうか…?

このかけがえのない知己を大切にしていきたい。
そう…強く感じた一日。
[PR]
by harapin56 | 2009-01-11 23:10 | UP↑系
2008年→2009年は、あまり年の瀬を感じることなく、淡々と迎えてしまいましたが、おめでとうございます、マラクニマンですm(__)m

今朝は珍しく昼勤ということで、起きてからゆっくりする暇もなく8時には家をあとにし、9時からapにてバイトしてきました。
純粋な現役大学生時代には時給アップ効果も手伝って、積極的にシフトinしたものですが、社会人になってからは、ただただ「休みくれ…」というそれだけで、たいしたモチベーションもかからない現状…それでも無い愛想を振り絞って頑張ったと思いますよ。

帰ってきてからは、おとそ・おせちをいただき…
恥ずかしながら、学生ということで、お年玉という生活支援金までいただいてしまった次第です。

今日、明日で安息の家族団欒は終焉を迎えます。
また3日からは怒濤の授業ラッシュ。
今日は、最後までゆっくりすごします。

では、本年も皆様どうぞよしなにm(__)m
[PR]
by harapin56 | 2009-01-01 20:16 | UP↑系

2008年総決算。

体調不良は解消しました、マラクニマンです。

本年もあと僅かで終わりを迎えようとしています。
前回にも少し記しましたが、今年は激動の一年でした。
オバマ大統領ではありませんが、『CHANGE!』しまくった一年でした。

「きつかったなぁ…けど、ま、よかったわ」
この中で、けど、、、と逆接を打てるのは兎にも角にも彼女の存在のおかげです。
本当に感謝しています。ありがとう。

30日から実家に帰っておりまして、暮れはこのまま実家で格闘技見ながらまったり過ごす予定です。家族三人集まる日もそうそうないですからね。
彼女をほったらかしにしてしまって、申し訳なくも思っているのですが、彼女は友人と初詣に向かうそうで、少しホッとしました。

今年一年私にかかわっていただいた皆様の健康と反映を切に願い、一枚も年賀状を書かずに締めくくりたく存じます。
最近ぜんぜん飲んでいないので、来年はどなたか一緒に飲んでください。
そして、麻雀にも連れて行ってください。それでは、良いお年を。
[PR]
by harapin56 | 2008-12-31 17:56 | UP↑系