古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

カテゴリ:UP↑系( 215 )

叡電に揺られて。

未だ京都市内を駆け巡っている電車、嵐電&叡電。
本日、日々連れ添った女子と伴に叡電を謳歌した男ここに一人。

【一乗寺】
◆一乗寺中谷なる有名な菓子屋
「絹ごし緑茶ティラミス」を彼女、購入するも、買うか買うまいか散々迷っていた間に店員の機嫌が急降下…接客態度が悪くなった原因は我々であろうか?と二人して凹む。

◆詩仙堂

f0002815_22153927.jpg
f0002815_2216112.jpg
f0002815_22162316.jpg
f0002815_22163934.jpg


以前『てしこ。嬢』とまわった時には閉まっていたそのそれに突入。
お堂そのものよりも、庭園に趣を感じる造りであると個人的には感じた。
格好つけて表現したが、あまりにここに関する関心や知識がなく、歴史建造物をめぐる際には最低限の知識がないと面白さが半減することを実感。

◆夢を語れ…ラーメン屋
結論から言うと二度と行きません。有名だから並んでみたが…う~ん。。名古屋の味噌煮込みうどんと同じなのですが、二人ともこしの無い麺が許せなかった。
食べ始めてから終わるまで一言しか言葉を交わさず黙々と食べていた時点で、お互いがどう感じているか以心伝心でした。
ただ、量は『ラーメン小』で普通の店の2倍。チャーシューもたっぷりのって600円なので、高カロリー必須の体育会系や貧乏学生にはお勧め。

◆恵文社…本屋&雑貨屋
個人的に、ここの空気がダメだった。
ビレバンとは違う。芸大が多いせいかな…?全体的にアーティスティック。俺はあかん。。。

【貴船口】
山道をとぼとぼと歩くこと20分。◆貴船神社到着。
悲しいかな、独りで訪れる女性を多数目撃。和泉式部が夫との復縁を祈願した神社ということで、縁結び祈願なのかな。
ここにおける今日一↓…絵馬に書かれた一文で最後を締めくくります。

「拝啓、神様…
 どうか、私にふさわしい男性に出会えますように」

どんだけ、上から目線やねん…。
[PR]
by harapin56 | 2008-12-14 23:27 | UP↑系

スクーリング(集中Ⅱ)

23日は、佛大でスクーリング『総合演習』を受講してきました。
今日の公教育現場では必須となっている「総合的な学習の時間」というコマをどう使うべきか、またどのようなテーマを扱うのが妥当か?といったことを体系的に学びます。

思っていたよりも内容は簡単なものでした。
まぁ、普通なら半年、ないしは一年かけてやるところをたった数時間で処理するのだから概略しかできないのはわかりきったことなのですが…。

私達には三人の先生が付き、『国際理解教育』・『情報教育』・『環境教育』の3分野について学びました。
印象的なことが幾つかありましたが、

①一発目の先生の授業準備が最悪だったと思われる点

遅刻してくる、教科書忘れる…この時点で怪しい雰囲気がふんだんに漂っていましたが、何よりも、何が言いたくてこの授業をしているのかさっぱり伝わってこない…これがきつかったです。

②著作権に関する理解不足・勘違いが発覚した点

主に、私は生徒達に出版物のコピーを渡すのが違法かどうかを考えながら聞いていたのですが、例えば、

【A】CDを焼いて他人に無償で渡す
【B】同じことを有料で行う

私は、Bは違法でAは合法だと思ってました。
でも、違うんですね。
どっちも違法…つまり金銭の授受は関係なく、自分以外の人に譲渡した時点で違法。
それを知って、こう思ったわけです。
「赤本をコピーして配ったり、参考資料として、本の図をコピーして配布したらアウトやん…」

結論から言うと、アウトとは言いきれないらしいです。
なぜなら、教育目的だと寛容性が高まるからだそうです。
ただし、全部をまるまるコピーするというやり方は、悪質なのでアウトとのことでした。
つまり、金融ではないけどグレーゾーンなんですね。
まだ著作権という権利に関する法律には改正の余地がありそうです。
先生…解釈間違ってたらごめんなさい。


9時~17時半という長丁場でしたが、なんとか乗り切り、あとは12月2日までにレポート(約1600字)をまとめるだけで、合格はできそうです。

話は変わりますが、この日は祖母の誕生日でして、21時ごろに向かいました。
少ない年金生活、一番必要なのはお金かな…ということで、今年は物ではなく現金にしました。
それで何か自分の欲しいものや食べたいものが買えればいいと思います。
まぁ、うちの家庭はごたごた複雑なのですが、幼き頃、私が祖母に絶大に世話になったことは事実。
会って話をしていて、もうあんまり長くないかもなぁ…と思う今日この頃。
祖母に対しての自分の行動に悔いを残したくないな…と思っています。
[PR]
by harapin56 | 2008-11-25 23:28 | UP↑系

連休中の行動。

1日)
保会があったので、10時前に校舎に向かったが、出勤する必要がなかった。
確かに今回は喋りの担当がどの学年もなかったので、いいのかな?…と思っていたが、確認していなかった自分が悪かったと思う。
しかし、16時まで…と思っていたところが、昼前で終わったことはいいことだ。
すぐさま、彼女に連絡し、おちあう予定を早める。
そういうわけで、お昼をともにしようということで、以前から気になっていた、東洋亭本店(北山にあるやつ…)に行くことにした。
感想としては、味は特別というわけではないものの、お店の空間・雰囲気がステキ☆
家族でもカップルでも寛げるので、また訪れたいと思える仕様。
夕方には切り上げて、彼女はうちに泊まる。
実家で親父が作っている鳥団子鍋を初めて自らの手で出汁から作った。
夜は下記したように喧嘩をして…

2日)
紅葉を見に行こうと吉野へ。
9時にレンタカーして、れっつらGO-!
…の前に、バイクでは運べない焼酎を取りに実家へ。
彼女はうちの母と初めてのご対面となり…







母は、気に入ってくれたようで二人胸をなでおろす。

吉野の話。
3時間くらいかけてえっちらおっちらようやく辿り着いたものの、完全に紅葉とはいかず、まだ黄色くなる途中といった感じで、少し残念な結果となった。
しかし、紅葉も大切ながら、二人で話しながら歩くことが楽しかったので、それはそれで行ってよかったと思う。
帰りは流石に疲れで運転が荒くなったことを反省。

3日)
久しぶりの朝勤。
連休目一杯遊んでしまうと…ダメだ。起きるのがしんどい。
この日の目玉は、ペアリング。
9月ごろから高島屋・藤大・大丸・阪急と様々巡っていて、お互い納得の下、Arpegeというお店のシルバーリングを購入。
この時、どうやら指がそうとう浮腫んでいたらしく15号を購入したのだけれど、本日、13号に交換することとなった。

う~ん、ここまで書いてきて、日が経つと記すのがだるくなるね。
明日朝勤やし、風邪をひいている最中やし…あきまへん。寝よう。
[PR]
by harapin56 | 2008-11-07 02:40 | UP↑系

このところ。

更新も滞る今日この頃。
お久しぶりです。マラクニマンです。

前回からの展開を大まかに記すと以下のようになります。

喧嘩する)⇒意地になって連絡取らず【当然喧嘩中】)⇒10日、馴染みのBarにてマスターに諭される、メールを一本打つ『おやすみ。』【喧嘩中だが返信くる『おやすみ。』】)⇒翌日、電話にて仲直り【LOVE】)⇒私、名古屋にてBROS.と再開、at 愛知牧場【平和】)⇒週明け、彼女仕事始まる、仕事でストレス溜まる、すれ違いにて喧嘩)⇒きちんと話し合う。自分が忙しかったり精神的にきつかったことは確かだが、きちんと話を聞いて支えてあげられなかったことは反省する。相手も理解を示してくれたことは大きい【喧嘩多いな…】)⇒現在、彼女、友人と北海道旅行中


喧嘩していた時のこと、13時半~TBSの昼ドラの中で、嫁さんの言ってたこと。

『あたしも旦那とずっといっしょにいるけれども、相手のこと本当はよく分かってない。分かってないことの方が多いんじゃないかな。夫婦っていっても、もとは他人だから。でも、分かりたい…そう思う。そうやって繰り返していって、本当の夫婦になるんじゃないかな。』

名言でした。本当にそうだと思います。
今後もやはり、喧嘩はするでしょう。でも、この気持ちを忘れたくありません。

明日、朝勤です。寝ます。
[PR]
by harapin56 | 2008-09-21 01:00 | UP↑系

この夏。

7月25日~8月4日>
 夏期講習:4、5、6年

8月5日~8月16日>
 夏期集中スクーリング(体育科教育法・図工科教育法・介護体験等研究)

8月18日~8月26日>
 夏期講習:4、5、6年

約一ヶ月…講習のないときは大学の通信が…。
休みという休みがなかった。。。
本日、ようやくこの激動の夏が終わらんとす。
もう限界。本当にしんどかった。
この現状に文句を言っても仕方ないと思いつつ、愚痴っぽくなったこともあったし…ひどい言動で彼女を必要以上に傷つけて別れを宣告されそうになったこともあった。
巷で盛り上がっていた北京五輪。
全くと言っていいほど、蚊帳の外にいた。

あぁ・・終わったんだなぁ、なんとか。
最後の仕事を終えて吸った煙草の先をいつも以上にまじまじと見つめたさ。

明日からしばし休息。また9月から実働開始。
明日したいこと。
やらんならんことはたくさんあるけれど、まずゆっくり寝たいわな。
それからのことは、それから考えることにしよう。

俺、乙です。
[PR]
by harapin56 | 2008-08-27 00:18 | UP↑系

彼女家とご対面。

ついにその日はやってきた。
付き合い始めてまもなく6ヶ月と23日というこの時期、ついに。

彼女の父・母…&犬。
クリアすべき壁は多い。

男の子が彼女のご両親にご挨拶…さて、最も緊張するのはだれ相手でしょうか?
世の男性方ならご理解いただけよう。。。父である。

まずは、軽く犬から攻める。
決して咬まない、そしてめったに吠えない犬らしい。
しかし、幼き頃の忌まわしい記憶が脳裏をかすめる。

(うぅぅぅぅぅ~・・・ガブッ…ぎゃーーー!!!)

怖いものは怖い。自然と腰がひけている。
相手もそんな奴は初めてらしく、明らかに警戒の色が濃い。
そして、奴は言った。。。

『わフッ!!!』

マラクニマンは犬に嫌われた。

「こ・・こんにちは。」
出鼻を挫かれたものの、最大のポイントはご両親。
たどたどしく交わした挨拶の中に確かに緊張が隠せない。

父はゴルフを見ている。
そして、若干得体の知れないものを見るような目でこちらを見ている。

マラクニマンは緊張している。

父の攻撃。

「今、何しとるんだね?」

そっから先はあまり覚えていない。。。

しかし、酒と煙草がいける…とわかった時の目の奥の光は覚えている。
「まぁ、飲みなさい。煙草あるか!?どうだ!?」
あぁ、お父上。。同士を見つけたその輝き。。。

酒は良いですね。本当に今回酒に救われた感があります。
終わってみれば、「また来なさい」と言われる関係になれて良かった、本当に。

あぁ・・・緊張した。
[PR]
by harapin56 | 2008-08-05 22:22 | UP↑系

涙そうそう。【本編】

24日(土)「結婚式当日」

あいにくの雨。
「雨降って地固まるじゃ!」と宣うて、新郎とご家族は一足先に家を出られた。
父君のタクシー召喚に感謝しつつ我々も式場に足を運んだ。

打ち合せに向かった桃に服紗を借り、記帳を済ませると、コーヒーチケットがいただけたので、名古屋ブローとともに目覚めの一杯を楽しまんとす。

が、一息ついたかつかないかの間に、Peach were back.
カメラ係という大命を与る。
ぇぇ、写しましたとも…慣れない素人が撮りに撮ったり、新婦入場、新郎新婦のあっついベーゼ、指輪交換に、宣誓…などなど。

どうやらこの係は新郎・新婦互いの兄がやることになっていたようで、新婦側のお兄さんには、すっかり新郎兄…と認識されていたみたいです。
きっと、「全然似てねぇな…」なんて思われていたのだろう。

ちなみに、この時初めて新婦さんを見たのだけれど、とても愛らしく、いぃ嫁さんゲットしたなぁ…と羨ましく思ったことは、まぁ……内緒ということで。

式は、初々しさを保ちながら無事終わり(あんまきちんと見れてないが…)、そのまま披露宴へと突入しました。
ありがとう桃弟。
『新郎先輩』という私たちにつけられた苦肉の肩書きには大笑いでした。
(本当は『新郎義兄弟』にしたかったらしいが、全力で止めたご両親、英断です!)

約3、4時間…
会社社長の祝辞に始まり、それに対して0歳児が、「ぅあ~(長ぇ~)」と言ったか言ってないかは置いておいて…いぃ、本当に心の底から『おめでとうd(≧▽≦d)☆』と言える素晴らしい催しでした。
結婚式にてそう思えたことも、また、そうだからか想いが込み上げてきて涙をこぼしたのも、自分には初めての経験でした。

親愛なる新郎のあなたへ。
花の美しさと人の心はうつろい易いものです。
もしかしたら、結婚して暮らしはじめてようやく見えてくる嫌な点もあるかもやけど、二人で話し合って、ぶつかりもって、夫婦として果ては親としての二人の関係を育んでいってね。
おれは、良い結婚式に呼んでもらえて…あなたが幸せそうで、何より嬉しい。
[PR]
by harapin56 | 2008-06-02 09:49 | UP↑系

涙そうそう。【前編】

桃少年の弟さんが結婚した。
いい式だった…。
心からそう思える式に招いていただいて、自分はとても幸せだ。

23日(金)「結婚式前夜」

高速バスに乗り、一同19時すぎに津山入り。
インターで降りたら迎えが来ることになっていたが、ありがたくも新郎自らお出迎えいただいた。
本人は、実感がわかん…と言っていたが、そうだろうなぁ…と思ったものだ。
新郎の実家、もとい、桃少年の実家にお邪魔すると、いつものようにおっちゃんとおばちゃんが温かく迎え入れてくれた。

「今日は、明日のことがあるけん、飲むんはほどほどにせぇなぁ」

おっちゃんはそう言うて、上半身裸になった…。
もうこの辺りでおかしぃ感じはしたのだ(笑)

ほんの一時間ばかりで、酒はビールから焼酎に移り始め、と同時に、おっちゃんの台詞も、

「んぉう…何ぃ?前夜祭じゃあ( ̄□ ̄;)!!飲めぃ!!」

に、変化した。
こうなると、もう負えん。
22時半リミットじゃ。なはずが、結局2時くらいまで飲んでたんじゃないか?
新郎は翌日、若干寝過ごしていた。
[PR]
by harapin56 | 2008-05-26 20:16 | UP↑系
3日に引っ越してきて、連休を挟んでようやく落ち着いた。
3、4日はただただひたすら整理に追われた。

5日。
整理のお手伝いに、彼女がきてくれた。
俺は段取りがあまりよろしくないので、こうして誰かがいっしょにやってくれるととても助かる。
ところで…折角きてくれたのに、ガスを通してないことに気付いた。
女の子、お風呂無しはきつい。
というわけで、久しぶりに、銭湯へ繰り出した。
最後に行ったのは、去年の夏、岡山でかな。
「濡れた髪が芯まで冷えて…♪…神田川するかね?」
なんて言ってたものの、神田川したのは自分でした。
女の子の『すぐ』はすぐではない。

明けて6日。誕生日。
まぁ正直、もはや誕生日そのものにこれといって感慨はないですよ。
ですから、あとは誰に祝ってもらえるか…それに尽きるわけですが、今年はその点に於いて、彼女がいっしょに居てくれましたから、例年になく幸せ万吉でした(*´∀`)ノ。+:゜
急な引っ越しの最中、こうして幸せな一時を演出してくれているのは間違いなくこの人なわけでね…。
「ありがとう。スキです(ノ>_<)ノ゛『愛』」

で、GW最終日6日は、名古屋へ繰り出しました。
彼女が行ったことなかったからです。
この日は想定外な失敗と、想定内の失敗が同時に起こりました。
えぇ…失敗だらけでした。
①大和○○多すぎな近鉄の駅名について
予め購入していた特急券の乗り換え指示は、『大和八木』だったものの、『大和西大寺』と読み違えて、再度特急券購入…死亡。。

②食の文化の違いについて
名古屋駅高島屋13Fにて、名古屋名物『味噌煮込みうどん』を食さんとす。
俺は一度食しているので、その味は知ったところだが、彼女は初めてだから。
で、案の定…箸を置きたい気分に二人して襲われる。
もったいないから食べるけれど、誰か代わりに食べてくれるなら…もういい。。
東海の方には申し訳ないが、食は関西のほうが圧倒的にうまいと思います。
あと、あれを『うどん』と言わないでほしいというのが、二人の願いです。

③名古屋城が16時半で閉まる点について
先に大須観音に行ったのが失敗。
正門に着いた瞬間閉館にて…死亡。。

とりあえず、そんなGWでしたが、楽しかったです(´▽`*)
[PR]
by harapin56 | 2008-05-12 10:19 | UP↑系

移住。

バタバタしていてアップできなかったものの、4月上旬から探し始めて、21日には契約を交していました。

はい…引っ越します。

親と再び同居しはじめて約三ヶ月…。
うん。大方予想はしていたものの保ちませんでした。
自分はどうしても親元に居ると甘えてしまう。思いやりが無くなっていく。
仕方ない結果です。

今まで…まぁ転々と様々なところで親から離れ暮らしてきましたが、正確には一人暮らしは大学二回生の頃以来です。
というのも、シェアリングが多かったから。
彼女とは『寺田』、友人とは『向日町』、会社の同僚とは『鞍馬口』。

引っ越しは5月3日の予定。
現在は荷造りに追われています。

洒落たところではありませんが、今より融通は利きますから、知り合いのみなさん。遊びにいらしてくださいm(__)m
場所は、伏見ですがね(´-ω-)

さて…しかし、引っ越しを業者には任せないつもりなのですが、如何せん、時期も時期なのか、人手がまったくありません。。。

誰か…ヘルプミーm(__)m
[PR]
by harapin56 | 2008-04-24 22:58 | UP↑系