古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

カテゴリ:自己発信( 100 )

独りで部屋にこもって、黙々と細かい作業をしていると鬱々としてくる。

フ・・・・・・っと、「愛情って何やろう?」と思った。


自分に、とある好きな人が居て、
「どうにかしてこの想いを伝えんとす!」
…と、息巻いていた頃。。。
自分の目的は、『知ってもらう』という処にあった。

当時、結果が×で、相当落ち込んだ覚えがあるが、
(「好いた惚れたは、仕方ないやん…」と思えるキャパシティが無かった)

「何で、こんなに好きやのに、愛してくれへんねん!?」

…と、その点について憤慨した覚えは無い。。。

『愛は与えるもの…』とよく言われるが、
あながち間違いではない、というのが自分の今の感覚。

あの人が好きと言ってくれなくても、僕はずっと(←これはきっと思い込みで、何の保証も無い)あの人が好き……これが愛情なのではないかな?

だから、
「自分を愛してくれなかったら、愛せない…」ってのは、本当の愛ではないのだと思う。。。

まぁ…他人の恋愛観がどうあれ知ったこっちゃないけれど、
せめて自分が愛する人とは、そこは分かち合いたい…

…というのも、所詮は他人である私自身の我が侭かな?
[PR]
by harapin56 | 2008-01-13 20:48 | 自己発信

大晦日。

29日を持ちまして、2007年の校業務をいったん終了しました。
今年を振り替えって…
おやっさんと喧嘩し、本部と喧嘩し、保護者と揉め、また直接的に感謝され、同僚と時に協力し、時に衝突し、恋に破れ、恋に冷め、大人とこどもの狭間を行ったり来たり…激動の一年でした。

しかし、何よりも、自分がこんなに早く会社を去るとは思ってなかったので、それが一番のニュースといえそうですね。


さて、本日で2007年も終わりです。
先程実家に帰って参りまして、もう風呂に入ったりなどしてほっこりしています(^-^)

ご飯食べたら、格闘技見て、そしたら年越してるでしょう。

別段日付が変わったその瞬間から外に繰り出す予定もないし、餅食って寝転んでゆっくりします。

今年一年、お世話になった方々に、感謝。
迷惑かけた方々に、陳謝。

では…皆様よいお年をm(__)m
[PR]
by harapin56 | 2007-12-31 17:18 | 自己発信

頑張れ。

うちの会社は抽象的表現を嫌う。
所謂、概念なんてもってのほか。
いつ?どこで?何を?どのように?どうする?
…中学年レベルの物語・小説の読解ですか?

だから、数字で置き換えられるものが好きである。

さて、
それを『頑張る』という表現に落とし込んでみたい。
コーチングでは、この『頑張る』は、チャンク(塊)なんだそうだ。
だから、より具体的になるよう質問を用いようとのこと。
僕も、『頑張る』が抽象表現であることに異論はない。
でも、絶対に具体的にせねばならぬ必要性はあるのか?
具体的でないと意味をなさない言葉か?
甚だ、疑問だ。

「頑張れよッ!」
僕は、この表現が好きだ。
ケースバイケースで、使い方にもよるのだろうけど、
その中に包含されている「応援してるぞ!」って意味がきっと言われたほうの後押しなると思うのだ。

現5年生…
ほぼ間違いなく、来年君たちを持たない。
一生懸命居残りして課題に取り組む空気が自然とできている君たちの来年はとても楽しみだ。
しんどい時もあるやろう。
めげそうになる時もあるやろう。

君たちは素直ないい奴らだ。
そんな君たちが、とっても好きだ。


頑張れ!!
[PR]
by harapin56 | 2007-11-28 00:41 | 自己発信

思考回路の育成。

今日7件面談があって、その6件目。
ダンディなお父さんがやってきて、面談が始まった。

国語の先生として、声を大にして言いたいこと。

『国語の力、つまりロゴスは比例のグラフのように一朝一夕では伸びない。背景に思考することが必須であり、それは常日頃、なぜ?どうして?という自問自答からしか生まれない』

だいたい、面談はお母さんとすることが多く、全員とは言わないまでも、たいがいは目の前の成績に皆とらわれる。そして、速効性のある施策を求める。
国語に速効性はないのに…だ。

お父さん…
開口一番、こう仰った。
「受験に限らず、今後10年、20年と生きていくその中で、考える力を養ってくれればそれでいいんだ…」


ぉぉお…!
本当、そうなんよな…。
それで国語という教科を選択したんよな、俺は。

忘れてた…。

まず、ハッとさせられた。

でも、ただ問題が解ければ、答えが合ってればそれでいいんじゃない!
…なんてことは、コメントや授業内で口を酸っぱくして言っていたから、

(それを言ってるけどみんなやらないんじゃん…)

とも思って、どう具体的に動いたらいいのかわからなくなった。

そしたら、お父さん、助け船なる提案をくれた。
「~~してもらえると奴も思考するんじゃないかと思うのです。実験って感じでいいので、試してみてくれませんか?」

…………それは、本当にグッドでした。

情けなくも、物凄く助けられた瞬間でした。

今、頭の中ではさらにそれを具体的に形にできていて、久しぶりに、「こんなんしてやろう!」という意欲・アイデアに溢れた状態になっています。

本当、勉強になったいい面談でした。

後は、俺がそれを作る労力を惜しまず発揮するか否かに懸かっています。

正直、時間はない。
面倒臭い…。


でも、頑張って作ってみようと思う。

お父さん、ありがとう。
ナイスアシスト!…て後で胸はって言えるようにしたい。
[PR]
by harapin56 | 2007-11-15 23:01 | 自己発信

O人事・O人事。

団塊の世代が挙って定年!…ということで、売り手市場なんですね、今。

となると、大手にみんな行ってしまいますから、うちみたいな中小企業は大変ですわな。

しかし、まぁ…
こんな会社来なくて正解なんだがね。

そんな中、ついにお上(というか、ふぁっきん5F?)が始動。

全社員を挙げて、新卒の取り込みに精を出せ!とのこと…。

バカ…誰に言ってんだ…。
俺は辞めるんだよ。
そんな奴呼んでメリットあるわけないだろ?
デメリットなら底無しであるがなぁ…。
絶対、『止めとけこんな会社』と吹聴してまわるぞ…。
そんなん自明の理やがな。

それよりも何よりも、それは人事の仕事や。
能力ないのはハナからわかっとるが、都合の悪いときだけ現場頼みはいかがなもんか?
プロ意識はありますか?

スポーツ選手に変わりないからと言って、サッカー選手に代打かます野球監督はいねぇべ?
人事は人事の仕事をしっかりしなさい。
その足りないカラッカラの頭で無い知恵を搾り、考えなさい。

我々は全力で授業しないといけないの。
(校長は入園詐欺に必死なの!邪魔しないで引き籠もらせてあげて!)
[PR]
by harapin56 | 2007-11-11 23:40 | 自己発信

退職が生まれた日。

                                  私儀。

このたび一身上の都合により、
平成二十年二月二十九日をもって退職いたしたく、ここにお願い申し上げます。

               平成十九年十一月五日 マラクニマン




というわけで…、さようなら My Comp!!

憑き物が取れた。
明日からまた頑張ろう。
[PR]
by harapin56 | 2007-11-05 22:11 | 自己発信

常識の欠落。

「こいつ…ありぇねぇ。。客じゃなきゃ、ぶん殴っとるがん…」
…平和な祝日に怒り爆発の京都落ち武者マラクニマンですm(__)m

今日は午後から選抜テストでした。
キャンセルが出たり、飛び込み受験者が出たり、バッタバタしながらの締め処理は大変でしたが、
まず、
今日という日が日曜日ではなく、日清やサットと重ならなかったこと、
それに、
受験者のレベルが今のところ例年に比べて高く、不合格者が出ていないこと、
に、そこそこ満足しています。

では、なぜ怒り心頭なのか?
………原因は、本日のテスト受験者の親(母)にあります。

まずは、その態度。
こちらは、保護者会にて卓上に資料(お土産…かな?)を準備して待っています。
まぁ、たいした資料ではないかもしれません。
本部の作った詐欺まがいの誇大広告と言われても、まぁ別にかまいませんよ。
が、しかし…
いかにしょぼくても、不要であっても、しっかりケースに入れて用意した人間の気持ちが入ってるんだから、持って帰るくらいはしようよ。。。
あからさまに、「こんなもんいるか、ボケ!?」的な行動とるのは止めようよ。。。
あなた達…子どもやないんやから。

次に、面談希望アンケート。
入塾希望全くない、ただ受けにきた…うん、えぇけん。
そこ、突っ込んだりせんよ。
けど、面談来る気がないことをつらつらとアピールする必要はないじゃないの?
書き方ってもんがあるじゃないか?
また、「行きます」だけでいいのに、あろうことか「ついでに」…という修飾語をつけたバカ。。

読む人は面談を担当する人かもしれないよ?
「ついでに」なんて書かれてやる気になると思うかい?

う~ん…常識なさすぎ?


どうも、ここをコンビニかなにかと勘違いされているようで…。
「入ってください!」なんてこっちが言うと思っているんでしょうか?
いやいや…答えはNoです。
我々は殿様商売する気はありませんよ。
「うちがやることに文句言うな!」
なんて、そんな尊大な態度をとったりはしませんよ…。

しかし、ちゃんとするのは『お客さん』だからです。
こいつらは…客じゃない。
というわけで、全会一致で受け入れ拒否→ブラックリスト入りが決定です!
来ていただかなくて結構です。
どうぞ、そんなあなたをおべんちゃらで包んでくれる、と・・・・・・・・・・・・・っても優しい塾さんに、どうぞ、お逝きなさい。
[PR]
by harapin56 | 2007-11-03 19:09 | 自己発信
その握ったお前の手の中にあるタネ明かししてみな
ギトギト油ギッシュ、えも知れぬ臭いのするタネを
芽生えればその場であんた方のステキなDinner(僅かな賃金)に変わる
そちらこちらに(COOの)喰い散らかしの残飯転がる

Take me Trash! Take me Trash!

その溜まったお前の井戸の中の蛙見せてみな
涙目で哀願する俺とよく似た歌謡いのカエルども

Hey Gentlemen.
そんなにそっちの水は甘いか?
Gentlemen、カビ臭いダイヤでも喰らえ

Doubt! Doubt! Doubt You子!
肉を斬らせて
骨も断たれた
Doubt! Doubt! Doubt You子!
狂犬病の泡沫の調べ
Doubt! Doubt! Doubt You子!
肉を斬らせて
骨もバラバラ
Doubt! Doubt! Doubt! Doubt! Doubt You子!
四面楚歌でも気づきゃしねえのさ

うまい話おあずけ
チワワのまんまじゃ、割に合わねえぜ(主張する勇気のない馬鹿ども)
踊った自分、ジレンマの池で泳ぐ自己嫌悪のJelly Fish
顔も知らぬヘノヘノモヘジのキサマらの面にゃ
(COOの)喰い残しの音符がぶら下がってるだろうよ



クタバレ犬ども!!!!
Fuck You凸!!!!

[PR]
by harapin56 | 2007-10-30 01:00 | 自己発信

せーきMI来。

昔々、あるところにとある教育産業会社がありました。
その会社は必死にお金を貪っておりましたが、45才になったその時に一念発起し、あろうことかあれだけ大切に思っているはずの金を、金を、金………を使って、なんと自伝を創造してしまいました。

会社は感激ひとしおといった感じでしたが、社員に特に感慨はありませんでした。

ある日、奈良のとある村にその自伝が一冊届きました。
それは、無駄に光沢を放っていました。

村人の一人(しがない小作農、兼、会社で言う窓際族所属)は、恐る恐るそれを開きました。

すると、どうしたことでしょう!!!!




…なんとのっけから、個人使命なるものを抱えてアホ面さげた輩がたくさん収められているではありませんか!?
…小作農は震えました。
そしてこう思いました。

「正気の沙汰とは思えじ。この船は何処に向かわんとする哉。」

あな恐ろしや…恐ろしや…。

中身は欺瞞に満ち溢れておりました。
[PR]
by harapin56 | 2007-10-16 23:57 | 自己発信

Last Scene.

ラストシーン
なんとも偶然にも素晴らしい映画に出会いました。

くだらない周りの人間の中、仕事に情熱を失くして現場を去ろうとするヒロインとかつて一世を風靡しその後地の果てに堕ちたものの年老いてから二度と戻るまいと誓っていた現場に引き寄せられた元スター俳優。

舞台は映画撮影現場ですが、
仕事の意味や価値、また、人を動かす圧倒的な力…
感ずるものが溢れていました。

あまり映画を見てぼろぼろ泣くことはないのですが、不覚にも後半の後半(文字通りラストシーン)には号泣させられました。

こんな映画があったんだ…当時スクリーンで見れなかったことを後悔するとともに、まだまだ映画捨てたもんじゃないな、と・・・すぅ・・・と思えました。
映画館に足を運びたくなりました。
[PR]
by harapin56 | 2007-10-05 03:58 | 自己発信