古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

<   2006年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

大切なもの。

先日はデートの予定も、当日相手方にトラブルが発生し、流れてしまいました。
一月半待ちに待っていたので、やはり残念です。

そのせいかおかげか、読書する時間を大量に確保できました。

過去から書には親しんできたのですが、
最近めっきり読書量は落ちておりました。
社会人になると、
まず、時間がなかなかとれないことや先に読まねばならぬ本があることなど、
何かと制限があり、趣味には走れませんでした。
ですので、新鮮な時間を久々味わったことになります。
こうでも事態が急転しないと、時間をとろうともしない自分が見えてしまいました。
子どもには「本を読め。」と言い放っているのに、
なんとも肩身の狭い思いですm(__)m

以前にも記した通り、一度「国家の品格」を読んで以来、気に入ってしまい、なかなか頭から離れませんでした。
そういうわけで、繰り返し読んでいる最中なのですが、
現在、巷で起こっている社会的問題はもちろんのこと、自分の周りの小さな問題をも含めて、
゛情緒゛の失墜がすべての諸悪の根源と思えてなりません。
我々は様々な論理的手段は知っているが故に、またそれこそが最優先すべき主要な命題と信じて疑わない故に、自分の立ち位置が不確かなことが見えていない。

「三歩進めば間違いなく救われる!!」

…いったいどこを基点に三歩なのか??

まず本当に大切なのはそこなのでしょう。
その根幹、基軸になるものこそ情緒であるという意見には大いに頷けるのです。見えないけれど確かに魂に宿っている…。
ま、とかく偉そうに言う私自身が実践できていない人間の一人であることはもはや言うまでもありません(謝)
そこは自認し、敢えて己に提唱したという事実をもってご容赦願えれば明日からの希望の灯りが灯るのですが。。

そして、情緒は引き出せるものではない。
自然や人間を包括した環境によってもたらされるのです。

かかわりゆく人の環境の一部としての自己の在り方を見つめなおそうと心に決めた、うつろいやすい私でした。
[PR]
by harapin56 | 2006-08-31 00:28 | UP↑系

再度。

飛びましたね…。

もうなんも思いません。

どうか火の粉が降り掛かりませんようにm(__)m

そして、無責任ですが、頑張ってください。
不幸になってほしくはありません。

それだけを願います。
[PR]
by harapin56 | 2006-08-29 01:44 | UP↑時々DOWN↓系

国家の品格。

約一年前に発行されたこの本を、
電車の中で一気に読んだ。

今、身を摘まれる思いである。

書いてある内容がわからないならそれでよかったのかもしれない。
知らないほうが幸せなこともあるはずだ。

思い上がりかもしれないので大変恐縮やが、
わかるのに違う在り方の自分に腹が立つ、と同時に情けない。

あぁ…俺には真の筋なんてない。

クールに、さも頭がキレる人間に見せ掛けてきて、
そして大衆に支持されてきた自分に酔って勘違いしてただけ。

ガラスの壁、鏡だった。
今、崩れていくそれにさよならをしたいのに、未だ未練がましく残骸を拾い集めようとする、縋る自分がいる。

そして何もできず、戸惑っている。
情けないわ。。。
[PR]
by harapin56 | 2006-08-25 23:44 | DOWN↓系

休みくれ!休みくれ!

今のこの御体にとって必要なサプリメントは休日です。

明日から2連休。

少し顔も綻ぶってもんですo(^-^)o

しかしながら…
別段、やりたいこともございません。

やらねばならぬことはありますよ、仕事関係でね( -_-)

ま…
何はともあれ、休みです。
予定は未定ですが、ぼちぼち楽しめればよいかと思っております。

とりあえず、今日は飲みます。
[PR]
by harapin56 | 2006-08-25 22:02 | UP↑時々DOWN↓系

適性体重。

体が重い。
そう思い始めたのは一年前。
入社したら痩せるだろうとたかをくくっていたら、見事に逆走した。

今、腰回りが苦しい。

座るだけで苦しい。

重い腰をそろそろあげないといけないらしいです。

飲み物は、お茶。
食は、野菜。
以上。
[PR]
by harapin56 | 2006-08-25 00:47 | DOWN↓系
想いを馳せても届かじ。
ゆるりゆるりと苦しい時は流れるかな。

想い人よ…

今何処…。

何を見ているのでしょう。

プラトニックを貫く覚悟もできないままに、
日々想いは募るばかり。

泣き言を書にしたためるこの行為すら恥ずかしいものに感じるのに、止めることはできず…。

動けないジレンマを抱えて少し不幸せを感じながら、尚、その存在に励まされ、今日がまた終わる。
[PR]
by harapin56 | 2006-08-24 00:08 | UP↑時々DOWN↓系

電子恋事。

冷凍庫で放置されていたものがありました。
約三年、誰にも見つからずひっそりと置いてありました。
持ち主は、忘れていました。
いえ…
正確には、保管したことを忘れたふりをしていました。
あまりに長期間ほったらかしてしまったため、
入れたものを忘れてしまっていたのです。
恐かったのです。

もう一度目のあたりにすることが。

彼は様々な理由をつけて決して扉を開けようとはしませんでした。
そうしているうちにも
フリーザーはドンドン勢いを増していきました。
周りが暖かくなればなるほど、頑ななほどに風は強く、強く。。。

扉の内で、真っ暗な中で、それはカチコチになってしまいました。

そんな冷蔵庫の横にそっと置かれていたものがありました。


ちっちゃい電子レンジです。

彼は気付かないふりをしていました。

それはそこにずっとあったのに。

少し…
融けるでしょうか。
ほんの少しでも。
[PR]
by harapin56 | 2006-08-23 02:05 | UP↑系

SHININ'

合宿の余韻も冷め、ようやく日常を取り戻しつつあります。

久々仕事を普通にしました。

気分は爽快とはいきませんが、少しずつ授業の質がよくなっていると実感できてきたことが背中を押してくれます。

とりあえず上昇気流に乗れそうな気配です。

休みまで日はありますが、やっていけそうです。
[PR]
by harapin56 | 2006-08-22 00:17 | UP↑系

エガオノウラデ。

時は既に遅かったようだ。
既成事実に関しても、自身の心模様にしても。

そうか…そうだったんや。。。

あー…そう。。





へぇ~、、、
こんな気持ちになるんやぁ。

あのさ…
あの…ありがと。
わかった。

つきものがとれた。
入社して初めて正直になれた。
何も気にしない、素直な自分の気持ち。

楽しくなってきたね。
なんだろ…くすぐったい気持ち?
って言うんかな?


恐さが、しがらみが消えた。

サンキュー!!
[PR]
by harapin56 | 2006-08-20 23:31 | UP↑時々DOWN↓系

27人に合格を。

三泊四日をともにして気付いたことは
僕は君たちと変わらないってこと。

中途半端にかかわって、あきらめて…
何も君たちとは違わない。
三日目の夜まで、僕はあの場にいなかった。
いっしょにいなかった。

正直ね、
帰りたかった。
君たちを捨てて帰りたいと思った。

先生、先生と言ってくれるけど、
僕は先生じゃないよ。
君らを見捨てたんだもん。

周りから色々なフォローが入って、君たちは生き返ってきた。
死にたくない…!
って必死に泣き叫んでいた。

夜中の2時半。
打ち勝った君たちがいた。

笑顔が素敵だった。

僕は自分が恥ずかしくなった。

僕が君たちに与えたものは何一つない。
そんな僕に君たちは与えてくれた。
厳しさという優しさの意味を。

僕は校舎へこれを持って帰ることができるよ。
君たちと会えたから。

ありがとう。
本当にありがとう。

きついことを言った僕、見捨てた僕を恨んでくれてもかまわない。
それで受かるなら。
君たちが合格を得られるのなら。

勝ってください。
手段は選ばなくていい。
お願いだから勝ってください。

僕はもう一度来春にあの笑顔を分かち合いたい。
[PR]
by harapin56 | 2006-08-18 19:00 | UP↑時々DOWN↓系