古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

<   2006年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

帰省。

お昼12時をもちまして実家に帰省しました。

あったかいお風呂にお布団。

でんでんでんぐりかえってバイバイバイm(__)m

初詣は特に予定なしですが、北野天満宮でも行って、菅原公に合格祈願をしてこようかと考えております。
今年このブログを御覧いただいた方々に感謝の意を表すとともに、来年もよろしくお願いしたく存じます。
少しずつ成長して参ります。
どうぞ暖かい目でご支援くださいますようお願い申し上げます。

では皆様、よいお年をお迎えくださいませ。
[PR]
by harapin56 | 2006-12-31 14:11 | UP↑系

回復の兆しあり。

精神的に最悪のクリスマスを過ごしたあの瞬間は、確かに会社を辞めたいと思っていた。
俺に限っては、まずもってそういった状態には陥らないと思っていたのだが。

尊敬し、且つ信頼を多分に寄せている人を悲しませた己の未熟さよ…と塞ぎ込む日々が続いた。

抱え込もうとする癖がある。
それでないと美しくない、できてなんぼだと思うが故に。
しかしその結果、できなくて、結局は迷惑をかけることになる…となると、想いとは逆の方向に事は働き、負の生産性しかないことがよくわかった。
本意ではなくとも、相談し話をしなくてはならないのだ。少なくとも今の自分の能力では、である。
その義務があるのだ。

阻害していたものは、見栄と遠慮。

陳腐なプライドやこだわりは捨てなくてもいい。
しかし、これは捨てないといけないのだ。


まだ、やり残したことはたくさんある。
しかしながら、自分自身でこう気付けたことは自身を救ってくれた。

物事の優先順位、自己抑制、全体調和、人間関係の構築…
課題はまだまだ存在するが、今はとにかく救われている。
[PR]
by harapin56 | 2006-12-28 21:11 | UP↑時々DOWN↓系

引き返して成子坂。

21:40
地下鉄五条辺りにてふと不安に駆られる。
「セキュリティーカード通したっけ………?」

引き返す。
セキュリティー解除状態で深夜を迎えたら、お呼び出しの電話がかかるから。

来た、見た、







セキュリティーかかってた…。

何やってんの、俺。

何しても上手くいかん。
決して見えないのに確かにまとわりついている悪い流れの渦中にいる。

ほんま、何やってんの…。

なんかわからんし、
わかりたくもなくなってきていて、
危険やなぁ…と思う。

逃げたいときの初期症状、常時眠気全開。

毎日、明日が恐い。

電車はもう京都までしか行かないから、そっからタクシーでしょ。
帰ったら1時でしょ。
眠いでしょ。
でも、寝るのが恐い。
[PR]
by harapin56 | 2006-12-25 23:18 | DOWN↓系

黒。

逃げてしまいたい。
[PR]
by harapin56 | 2006-12-25 20:51 | DOWN↓系
即座に更新して、なんや?
と言われたところで、しょーもないことでっせ。


だいたいこのところ日付感覚がなくて、思い出したのが、ノートの領収書に日付を書き込もうとした時…。

で、またしばらく忘れてて、思い出したは、
空気を読まずに喋りかけてくる自動販売機に、

「メリー☆クリスマーッス!!」

と、言われた時…。
腹立つ無駄なサービス精神やん…。。。

上司はお子さんが家で待ってるから帰ってもらったよ。
一人でさっきまで仕事場にいたよ。

せっかく忘れてたんだから…勘弁してよマジで。。。
[PR]
by harapin56 | 2006-12-24 21:02 | DOWN↓系

遠慮。

自分の中に遠慮があって、例えば、
「今忙しいだろうからやめておこう」とか、
「これぐらいのことだったら手を患わすのもなんだから、自分一人で背負い込もう」とか。

空気を読むのは大事で、そういうものも相まっての行為やけど、裏目に出てる。

なんで、あぁした行動になるかなぁ…と。

遠慮してるんやと思った。
特定の遠慮というよりは、周りの同列と自分がみなしたものより上に位置するすべてに。

周りを勝手に腫物のように見ていた自分がいる。

かと思えば、あるものに対しては極端に見下していたり…。

順番がぐちゃぐちゃ。

ぐちゃぐちゃのドロドロで、ずぶずぶ。
[PR]
by harapin56 | 2006-12-24 20:49 | DOWN↓系
今、職場です。
仕事してます。

無音です。。。

ちょっと疲れたので今休憩中です。

このところ・・・自分なりに「うぉぉぉおーーー!!」っと仕事していたら、
なんしか大切なものを見失っていたらしく、けっこう厳しい状況です。
正直なところ、「あ、やってしまったな・・・」と思ってやりきれないのですが、
そんな風に悩んだところでどうにもならんし、最終的には解決したいので、
ほな、今動かな!!・・・という感じです。
嫌でもなんでも今やらないと。


で、どうしていいかわからなかったので、とりあえず残ってみた・・・というわけです。

ま、静かな環境も手伝って、仕事ははかどります。

では、仕事に戻ります。

始発で帰れればいいなと思っています。
[PR]
by harapin56 | 2006-12-22 02:56 | DOWN↓系
プロバイダーに引き落とし口座を教えていなかったところ、インターネットが止まった。
…当然である。

急いでポストを開けた。
あった請求書。

ダッシュこんびに。

BUT, 復活せず。

しばらく時間がかかるのだろうか?
仕事を家でできなくなるのでかなりつらい。

ちゃんとせなね~…。

ソフトバンクさんごめんなさいm(__)m
[PR]
by harapin56 | 2006-12-20 12:46 | UP↑時々DOWN↓系
先日、美容院にて、
「マラクニマンさん、あの街路樹見えます?綺麗ですねぇ~(´▽`)」
と言われました。
それに対して、
「ハッ…?何のことですか???」
と答え、気を遣ってくれた美容師さんを困惑させました。

また、ある日。
「紅葉も終わり、いよいよ冬もたけなわですなぁ~(´▽`)」
と、これまた気を遣ってくれたタクシーの運転手さんに対して、
「え?紅葉っていつでした?」
と答え、運転手さんを苦い表情にさせてしまいました。


つまり…


今の私には季節感がないのですね。
まったくもってないのです。


日々目にする風景の中で、そういったものが、目にとまらないというのが現状のようです。

果たしてこれでよいのか?
などと、少し気になりつつ、いい面もあったりします。

それは…

季節に流されないこと。


人の心はうつろいやすいものなので、周りの状況と今の自分をどうしてもリンクさせがちで、さらには今までに培われた、この時期はこうあるべきといった既成概念も手伝って、心は散々に乱れます。

が、しかし…

周囲の変化に鈍感であれば、ごーいんぐまいうぇいを貫けます。

例えば、この時期。巷では、彼氏・彼女を追い求め、るのが鉄則のような感がありますが、
「あ、そう。あ~…そうだったね、そういえば…。あ、三年もいなかった…」
と、サラっと流せる強さを抱けます。(別段、抱きたくて抱くわけではないものの…)

どちらがよいかと言われたら、
それは季節を感じ取れ、その『もののあはれ』に心通わせる人間でありたいのですが、
今はそれでなくてもよいのかな…、いや、正確には仕方ないな、と思います。
そんな余裕がない。
感じてたら、立ち止まってしまいそうだし、
そうかといって、走りながら感じ取れるほどの懐の深さはありません。


私は美しいものが好きです。
芸術的な感性を大切にしていると信じています。

だから、今のような状態を悔しいとは思います。
しかし、同時に、
必要悪だとも感じています。

ま、何はともあれ、一週間を待たずして世間はクリスマスに浮かれ、
24日の深夜には各地で縦揺れが発生するということですね。

願わくば、日本中で同時刻に事が始まり、震度2くらいを観測してはくれまいか?

そんな阿呆なことを考えています、はい。
[PR]
by harapin56 | 2006-12-18 23:29 | 日々雑感

最後の日進。

明日、六月より続いた日進が終わろうとしている。

まったくわけのわからん状態で見切り発車して、気付けば今に到る。
なんともよくやったもんだと思う、自分でも。

スキャナーの使い方、CSVの取り込み、すべてが未知の世界だったのだから。

今では日進を一人で回す日々。
本当がむしゃらにやってきた。

俺の成長もさることながら、生徒もあの頃とは違うのだなぁと染々思う。

まだまだ幼いが、それでも微量ながら精神的に成長しているのがわかる。

俺も彼らも変わったのだ。

今、入試激励の日程を組んでいる。

中学合格がすべてではないが、それでもやはり全員に幸せな瞬間が訪れることを願う。

もうすぐ解禁日まで一月をきる。

間に冬期講習を挟むが、彼らとともに乗り切っていこうと思う。
[PR]
by harapin56 | 2006-12-16 22:44 | UP↑時々DOWN↓系