古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

<   2007年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

先日の続き。

自分の考えるエリートの定義とは以下の通りである。

①幅広い知識を備えていること。

②教養に富んでいること。

③使命感をもっていること


①②に関しては、もはや当然としてよい。

問題は③の有無ではなかろうか?

イギリスの貴族を例にとってみよう。
彼らは生粋のエリートである。
幼少の頃から、上層教育を施され、教養・知識ともにハイレベルなものが求められる。
しかし、それだけではない。
彼らは、『自国の民を守る』という使命感に満ちている。
事実、彼らは戦争の際、先陣をきって飛び込み、兵を牽引する。
この辺りがアジアの貴族とは異なるのだが(どうも、アジアの貴族はぶくぶくと太っていて、有事には何もしないというイメージがある)、いざという時は責任を全うするのである。

日頃、民から税金を巻き上げて暮らす貴族が許されるのも、こういった背景があるからであろう。
当然、戦闘において前線を張るためにはそれなりの武芸も必要である。

つまりは、すべてにおいて彼らは人並み以上を保っているのである。

そして、それは必ず使命感と一体である。
昨今の政治家に当てはめてみると、①②はあるが③はないという人間が多いように思われる。


さて、文才があまりないために、至極論理的に説明できた自信はないが、エリートの条件に使命感が欠かせないという主張は理解いただけたであろう。

では、塾において我々が果たすべき役割は何か?

それは①に他ならないと私は思う。
無論、①以外の要素をまったく盛り込まなくてよい…というわけではないが、その人には塾以外の様々な環境があることを考えれば、塾の分を越えてはならないと思う。
だからこそ、我々は全力で知識人を育む教育をせねばならない。
塾の一講師としての本文は、そこにあるべきだと私は考えます。
[PR]
by harapin56 | 2007-02-28 21:21 | 自己発信

if…

もし、中学生に戻れたら。
もし、先に言っておけば。
もし、一日36時間だったら。

もし…もし…。


と、お前は亀さんか?と言わんばかりに、もしもし考えている。

厳しく見ると、仮説・逆説的表現は、所謂、敗者の論理と言えましょう。
私は今そこにいます。

逃げたくて仕方ない感情と、イカリシンジではありませんが『逃げちゃダメだ!』という責任感の間で揺れ続けています。

間違いなく癌になるでしょうね。
ま、明日死ぬので未来を按じても仕方ないのですが。

さて、まったく話題が異なるのですが、エリートについて今考えています。
エリートを育成したい…そんな思いでこの教育業界に携わっているのですが、現状において、一講師の私ができる、またやらねばならぬことは何なのか?

現在整理中です。
頭の中でぼんやりと形になっているのですが、次回の日記でより明確になったものを記したいと考えていますm(__)m
[PR]
by harapin56 | 2007-02-27 20:01 | UP↑時々DOWN↓系

保護者会終了。

24日から続いていた保護者会が終了しました。
3、4、6年と司会進行をしたのですが、自分が如何に敬語を知らないかを思い知らされるとともに、事前準備の重要性を痛感しました。

授業と同じですね。
場あたり的にやっていては起こせる感動もそこそこなんだと思い知りました。
アドリブきかせて凌ぎましたが、やはり一回目よりも二回目、二回目よりも三回目の方がいいプレゼンでしたね。
慣れも必要だなと感じました。

しかし、何だかんだでもう開講間近です。
初めて五年を持ちますが、あまり宿題など理解できていない…。

ん~…不安をあげればキリがない。

ま、そんなことも言ってられませんね。
今年度の目標は、
『命を懸けて授業すること』
ですから。

体を壊しても、寝れなくても、これだけはやりぬこうと思います。

死んでもやる!…という二律背反の世界ですね。

とにかく、開講まであと二日。
しっかりと授業準備するためにも、明日で事務作業を仕上げます。
[PR]
by harapin56 | 2007-02-26 22:56 | UP↑時々DOWN↓系

2007年2月23 日の学び。

『永遠に生きるが如く夢を持ち、今日死ぬが如く生きる。』


『今日という日は、残された人生の最初の一日。』


『天命の前に、天道是か否か。』
天道有也なれば、何故に阪神大震災にて罪のない人々が天に召されたのか?
[PR]
by harapin56 | 2007-02-24 07:27 | 自己発信

惰眠を貪って。

目覚めたら昼三時。休日だからもちろん自由なんだけれども、なんだかとても損をした気になるね。
一日が半分になってしまったのだから当然か…。

やはり、昨日も朝六時まで春の講習会の配当を組んでいました。

今、トリオで例のごとくぼぉ~としています。

今から実家にご飯を食べに帰って(親父が帰ってきているので)、夜半からは退社する同期の送別会に向かう予定。

話は変わりますが、あまり最近音楽に触れていませんでした。
FMから流れてきたCHARAの歌声に聞き入っていたらふと思ったんですがね…。

メロディのせいかなぁ、せつなくなったなぁ。。
酒飲んでるわけでもないのに、妙に感情移入できるんですよ…疲れてるんだろうな。。。
カラオケに行って発散したいなぁ…。
[PR]
by harapin56 | 2007-02-23 17:57 | DOWN↓系

教務二人分の働き。

結論から言うと『我慢の』限界です。

「ふざけんなよ?やってられるか!」

という嘆きがいよいよ現実的なものになってきました。
数日前もキレていましたがそれは会社の方向性についてでした。

今度は校舎です。

もう校長に耐えられません。

彼が何の仕事をしているのか、謎です。

開発関係を主に担当していることは事実でしょう。
しかし、ひっきりなしに電話かけ、受けをしているわけでも、面談予定を積んでいるわけでもありません。
挙げ句、授業も持っていないときています。

空き時間…ありますよね?

その時間、我々は案内を作成したり、クラス割りを考えたり、入退園処理をかけたり、そして、面談、授業と…時間に追われているわけです。

パソコン関係がダメなことはわかっているので、急にできるようになれとは言いません。

しかし、そのことに引け目を感じているなら、せめて手伝うことくらいはできるでしょう?

無論、他校舎ではやるはずもない雑用レベルの仕事かもしれません。
しかし、ここはあくまで小規模校。
如何に校長といえども、教務的な役割の一部を担う必要があるのではないでしょうか?
そうでなくても、こちらは一年目の教務なのです。
普通は校長からトレースがかかりますね。

なんで、部下が上司にトレースかけないといけないのか?
それが、どれだけ気を遣わなくてはいけないかはお分りいただけると思います。

部下の意見甘んじて受け入れるべし…というスタンスの上司ならまだ言いやすいですが、うちの人はどう考えても『言われると気分を害する』タイプの人です。
また、それは普通の感覚だと思います。だからこそ、言いにくいし気を遣うのです。

今日のクラス割りについての議論一つをとっても、それが顕著です。
私は私なりの正義を抱えて発言したつもりです。
同様に、彼には彼なりの正義があるでしょう。
意見の相違はたいした問題ではありません。
そのための話し合いですから。

しかし、文言云々ではなくひしひしと伝わるそれ…そう、「お前はまだ若いし経験も浅いのだから、俺の言うことを聞いておけ…生意気な…」というスタンス。

ここまで毒を書き連ねてきて思うのですが、同じことを言われたとしても人が異なれば私自身が違う風に受け取って、咀嚼した上で素直に従えたのかもしれません。

それを妨げているのは、彼への不信感なのでしょう。

前述したような背景から、私はまったく彼をあてにしないようになっています。
尊敬なんてこれっぽっちもしていないのです。

その思いはもしかしたら態度に出ていて、彼に疎外感を与えているのかもしれません。


お互いが控えめであればこういった溝は存在しないのでしょうが、こちらが控えれば、結局は頭にのられてしまうのは明白で、最終的に被害にあうのはめぐりめぐって顧客です。


まったくいい面がないわけではないことは承知していますが、朝の6時、7時まで仕事をしないと回らないこの状況にほとほと愛想がつきかけています。

もう一人の同僚に支えられ今の私がいますが、彼女がいなくなれば私もやっていく自信はありません。
職務的にもですが、特に精神的に。

人柄がいいことは何にも代え難いものですが、だからといっていっしょにタッグを組んで仕事ができるというのとは別次元の問題です。

そうですね、もう同じ職場にいることがストレスです。
以前、3年で辞めようと決意しましたが、
それは今の部署を想定していました。

しかし、こんな状態ならば、来年には異動を考えないといけないと切実に悲観しています。
[PR]
by harapin56 | 2007-02-22 23:18 | DOWN↓系
毎夜毎夜、朝方までパソコンを打つ日々に疲れてきた。

軽く欝になってくる。


本店がPマークの取得に躍起になって、今までの自分等の送り出してきたフォーマットを封じられた。

文言には、
「…を添付させていただきました。」
とあるが、実際は
「これ以外使うなよ!」
ってことじゃねーか。。。
「いちいち許可を申請する方も、認可する方も多大な労力がかかります。」
って、お互いしんどいでしょ?ってなさも『非合理的』という書き方しとるが、おまえらが認可したくないだけやろうが?

じゃあ、その面倒臭いことをこっちが乗り切ったら、あんたらはやってくれるんか?
やらねぇよな?
あんだけ言ったのに、空気読めよ…ってなって、恫喝・脅迫するんやろう。

げんなりした。
会社辞めようと思った。

たかが、案内文一つと言うかもしれないが、
本店の送ってくる能のない(現場の立場に立ってない)案内文雛形をどれだけ直して使ってきたと思っとるんだ?
ダメだ…まったくわかってない。。。

確かに効率化されるだろう。本店はやりやすいだろう。
しかし、おまえら…客集めろ、オプション勧奨しろっていうなら、本末転倒やないか?
客のためちゃうやん?己等のためやん?
目的はPマークを取得することなんか?違うやろ?

あれはするな!でも、これはしろ!?

無茶苦茶言うなや。


あぁ…負けたら終わりと思うてやってきた。
「辞めたるぁ!」を堪えてきたことは数知れん。
人格を否定されたこともしばしば。
もう、えぇやろ。
ようやったと思う。
もうえぇ。

俺は教採に行く。
[PR]
by harapin56 | 2007-02-19 22:40 | DOWN↓系

パワーポイント。

今密かに練習中。
(この時点で密かではない)

わからないものをわかろうと努力して、わかってくると当たり前ながら楽しい。
残念ながら、それに凝っている時間はないのだが…。

勉強も同じやなぁ、と。

次年度は5年生を担当します。

なんとか、感動をよべる授業を展開したいと思いますが、予習をする時間すら今ありません。
といっても、予習はするわけで、毎夜就寝時刻が軽く朝になります。

開講してみなければ流れがわかりませんが、心が折れそうで不安です。

休みの日ぐらいゆっくり自分のペースで準備したい。
が、しかし、
3月から右腕として大活躍のスタッフさんが抜けてしまうらしく、開講後は休みの見込みがありません。

予習が覚束ない…とても不安です。
[PR]
by harapin56 | 2007-02-18 10:50 | 日々雑感

本日稲妻が走った知識。

友チョコをあげた…とのたまいよった。



???

?????

友チョコって…何?

義理チョコのことか?
と問うたら、
義理チョコって…何?

と問い返された。

ぉいぉい、マジかよ!?

何なんだよ、それ!?

待ってくれ、ぉい!ちょっと、ぉい!!!
[PR]
by harapin56 | 2007-02-15 23:52 | 日々雑感

やることが多すぎる。

バレンタインデーなんてなんのその…。
なんしか、普通の喧騒からは完全に切り離された所に位置しとるのだとまざまざと思い知らされている。

「んなもんに、かまってられるかッ!!」
というのが、正直なところで、まぁ…一重に余裕がない。

開講準備が最も大きい要因になるが、まったく間に合っていない。
笑ってる場合ではなくて…本当にやばいんですけど。。。
う~ん…危機感が違うのかな。
どっちがいいのだろう?
このままのペースで行けば、自ずと地獄を見ることになる。
痛みを知って次に活かしてもらうか…。

それとも、、、
必死こいて、結果を優先するか…。

何れにせよ、あんまり納得はいかないのやなぁ。

とりあえずは、やはり結果を追って、提供するかどうかを考えるようにしようと思う。
[PR]
by harapin56 | 2007-02-15 00:41 | DOWN↓系