古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

<   2007年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

園生のみなさんへ

今日は授業時間の始めの10分を割いて、小5園生にお話(説教)をしました。
春になり、自分達を取り巻く環境の変化に彼らが浮かれ我を忘れているような感じがしていたからです。

集団というのは恐いもので、一人が和を乱し始めると雪崩のように傾いてしまうことがあります。
『雰囲気が変わる』という表現が最も的確であるように思います。

もちろんこの雰囲気はいい方向にも悪い方向にも導いてくれます。
今回は悪い方向に傾きつつありました。
思いやり…に欠けた行動が頻発していたのです。

私は、いや私だけでなく学園前校の職員一同は、学力向上は当たり前ながら、それでいて思いやりのある生徒の育成にコミットしています。
ですので、こういった雰囲気は許せなかったのです。

私は普段あまり生徒を唸りあげません。
生徒にとっては私は甘い先生のようでした。
だからこそ今回の説教は効果があったようです。
普段怒らない・おもしろおかしい先生が真剣に話をすることで。

園生は自分達に非があることは重々承知しているようでした。
ですから、今回は語り掛けるように話をしました。
結構腹の内をぶっちゃけて話したと思います。

『残念だ…悲しい…』という私の本音を伝えました。
ふと、昨夏の達成セミナーを思い出したのですが、私は普段から彼らに嫌われようとも厳しく接すると誓っていたのでした。

今日の一回ですべてが収束するとは思っていませんが、とりあえず第一歩です。
これからまた時間をかけてゆっくりと指導して行きます。

そして、学園前の生徒はみんないい子ばかりだね。…そう言ってもらえるような校舎にしていければ幸せだなぁ、と思います。
[PR]
by harapin56 | 2007-03-31 23:06 | 自己発信
ようやく講習会も終わったし、一段落。
授業つめつめやけど…今日も寝れそうにないや。
校長に言わせると、昔はもっときつかったんだから僕らの世代は恵まれているんだとさ。
ほやから、しんどいなんてもってのほかだと。

ま、生徒や親にとっては塾の先生でありながら、会社にとっては労働者という教務の立場は激務やね。笑うほかないよ\(^O^)/

体調は良好になったよ。
明日乗り切れば連休やし頑張るよ。

あぁ、俺ってあんまり複数のことを並行して進めるキャパないのね…。

チョーーーーーィッ\( ̄□ ̄\;)!!
[PR]
by harapin56 | 2007-03-30 22:28 | UP↑時々DOWN↓系
最近生徒をいじりすぎてまして…どうやらそれによって生徒全体でその子に対すりイメージが固まってしまってきたようです。
その結果、その子が周りに馬鹿にされる存在として揶揄され、精神的にまいってきている…ということになりました。
もちろん、いじるのは愛情の裏返しなのですが、彼にとっては『いじられてる』ではなく『いじめられてる』ということになるかもしれない…そのことを忘れていました。
最近の四年生のギスギスした空気や、調子にのった発言の多さを生み出していたのは我々講師の在り方だったのですね…。

一重に、反省です。

彼が過敏になって「あんなこといわれた」「こんなことされた」と報告してくるのは彼なりのサインだったようで、今はこれに気付けたことを心からよかったと安堵しています。
もしかしたら、「もうあそこに行きたくない」と言われてたかもしれないですから。

ある先生には「実力のある講師なら、そんなことしなくても笑いをとれる」と言われました。
ま、思うところは自分なりにあるのですが、それはそれで一理あるとも思いました。

時間は倍以上かかるでしょうが、これからその分を償っていこうと思います。
[PR]
by harapin56 | 2007-03-29 20:46 | DOWN↓系
親のいない子ども達を集めて教育する『施設』ならばいざ知らず、
塾であるうちらの本文は『生徒の学力向上』であり『生徒の人格形成』ではありません。

声高に「人間塾」なんて叫ぶその神経が理解できません。

親の真のWants?-子どもの幸せ、成功?
当たり前です。
だいたいそんなこと言い出したら、人間はみな幸せになるために生まれてきたはずなのです。
不幸になるために生まれてきた人間などいないはずなのです。
そのための…まずは受験-合格なのではないのですか?

患者は「薬をくれ」といっているのです。薬をやるのが医者の役目でしょう。
「薬がすべてじゃないよ、話をしよう…」
・・・・・・大きなお世話だ馬鹿野郎。。。

薬を持っている上での発言か、薬がないからの言い訳なのか、実態をご覧下さい。
[PR]
by harapin56 | 2007-03-27 01:37 | 自己発信

春期講習会開始。

思えば昨年はこの辺りで仕事を始めたのです。
とりあえず1年なのですね。
あの時はどう教えるか自分のスタイルがなく、消え去りたい気持ちでいっぱいだったような気がします。

そうそう、本日母の手術だったのですが、無事終わったと父から連絡があり一安心です。
大丈夫とわかっていてもやはり不安はありましたので。
苛々も少し和らぎました。

明日は早いのでひとまず寝るとしましょう。
[PR]
by harapin56 | 2007-03-24 00:28 | UP↑時々DOWN↓系

再度熱発。

風邪が本格化。

頭がぐゎんぐゎんする…。
世界が回る。
しんどい…。

明日仕事行きたくねぇ…。あぁ…。
[PR]
by harapin56 | 2007-03-20 00:07 | DOWN↓系
「なぁ、先生!あと五年が10人くらいいたら、クラス2→3にできるのになぁ!?」

死ね…能天気な。。。

まぁ、IMMなのだが、
「んなもん、保ちませんよ。これ以上いらないッス。」

って、冷たくあしらったらドナドナモードに移行したらしく、上司明らかに不機嫌です。

気悪いねん。
なんも知らんと言うてはる。
ま、知らんからこそ言えるんやろうけど。

俺の授業日増えるやんけ。
もうそしたら事務せえへんぞ、ゴルァ(゜Д゜)凸

今飽和しとる学年増やすより、欠員できてる学年増やしたらえぇやん。
それが低学年でも後々高学年になんねんから将来的な売り上げは見込めるやん。

あー不毛。
使えへんわ。
[PR]
by harapin56 | 2007-03-17 23:06 | DOWN↓系

体が…

だるい。
風邪をひいたなぁ…と渋々病院に行けば、
「軽く栄養失調」
との烙印を押される。

「寝てますか?」
…愚問。。。

疲労と慢性的な栄養不足、睡眠不足で免疫力が低下しているそうな。


なんでこんな風になっとるんだろう?

生徒の学力を上げたい、一人一人きちんと把握したいと思うから、色々補習教材作成をする。
けど、社員だから事務的な仕事もやらねばならぬ。

職場にいる時は、教材作成・宿題チェックなどやる余裕なんてない。
帰ってやる。
寝れない。
以上をループして今に到る。

がっつり教務して、がっつり授業。
無理ですよ。体が保たへん。

今年の新卒は、一切授業を持たないそうな。
つーことは、事務作業及び運営能力を高める一年にするということだな。


思うのだが、それなら逆もあってもいいんじゃないか?
授業、生徒の学力向上という塾の絶対的使命にコミットした社員がいてもいいと思うんだがな。
うちでは、それが教科専門職にあたるんだろうが、如何せん扱いが低い気がする。
極端にいえば、窓際。

今、うちは教務といえば運営・営業能力重視。
なら、
授業バンバン持たさなくてよくねぇ?
まったくやらないのはいかんと思うから、週1は持ってほしい。
しかし、1学年が限界やろう。

少なくとも授業に追われながら、かつ仕事に追われるのはいかがなもんかと思うがな。

じゃあ、授業にそんなに意識もたなけりゃいいじゃん?って言われそう。
そしたら、それは金もらってやる塾講師じゃねぇべ?
はっきりせんかいね~。。。

事務のスペシャリストさせたいんなら、派遣雇えばいいのに。
その方がコストダウンできるんじゃないか。

ほんで、一部の幹部候補社員をそれに混ぜて運営面を勉強させりゃいいのに。

そしたら、おまえ、
こんなにバンバン社員辞めることもないやろうし、
平が辞めたところで、そんなに困らんよ。

あぁ、疲れた。
[PR]
by harapin56 | 2007-03-16 23:00 | DOWN↓系

COO襲来。

最高執行責任者でしたっけ?
明日来園されるそうな。

来なくていい…という噂もあるが、どうなんだ?

また、仕事が止まるのか。
明日は授業がないからひさびさやりたい放題仕事できると思ったんやけどなぁ…。

すべてを校長に担っていただいて、スルーの方向で。
あぁ、気が重い。
[PR]
by harapin56 | 2007-03-13 23:03 | DOWN↓系

まだまだ

終わらん…。
家に持ち帰った仕事はいつ終わるのか?

迷わず行けよ。
行けばわかるさ。
ありがとぉぉぉーーお!!
[PR]
by harapin56 | 2007-03-11 22:22 | DOWN↓系