古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

<   2008年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

通話時間新記録樹立。

今まで彼女であれ友人であれ、長電話といっても1時間程度…だったと記憶してます。
本日そんな個人記録を大幅に更新しました。
23:20~1:20…つまりは2時間ですね。
ウィルコム大感謝祭ですよ。

あっという間でした。
まったく2時間なんて意識しない感じで。

本当に楽しい時間、好きな人と会話している時間って時間の感覚なくなりますね。

まったく話題が関係ない方向にいきますが、授業もきっとそうなんでしょうね。
楽しければ時間の感覚がなくなる。

そういう授業を提供したいです。

(余談)
昨日といい、今日といい、彼女が可愛らしくて仕方ありません。
だから何だ!?…いえ、それだけです。
[PR]
by harapin56 | 2008-02-28 02:29 | UP↑系

給与明細。

本日、給与明細をいただきました。
2月…どたばたと転職し初めてのお給料。。。
右も左もわからず、しかしそれなりに一生懸命にやった結果。

この気持ちを忘れずにいたいものですm(__)m
[PR]
by harapin56 | 2008-02-26 23:08 | 自己発信

2月24日(日)猛吹雪。

お昼に大丸で発見した時には髪型が変わっていた。
『ふわふわ~』となっていて私はとても気に入っている。
誰かが『似合わん…』などと宣うたら、遠慮なく叩き斬ってしまい給へ。

ふむ…着くやいなや、『うぃるこむしょっぷ』なるものへ突入した。
ぉお…新人モデル達が『我こそは購入されるに相応しからんや!』とばかりに、意気揚揚と居直っているではないか。
『そんな商売っ気たっぷりに愛敬を振りまいたところで私の気は変わらん。断じて変わらん!』
と斜に構えたものだが、
『電波があんまり強くないので、地域が地域ならこちらがおすすめですが…』
という店員の鶴の一声で《ハニービー》なる蜂に決定する。
決して艶やかなるデザインにではなく、あくまで電波状況を加味しての決定であると、声を大にして言いたい。
私は黒を、彼女は白を選択した。

機種代であるが、基本的には25000円ほどかかるらしい。
おもちゃみたいな愛らしい顔をしながら、なかなかお高い蜂である…(`・ω・´)
携帯の分際で…まぁ、いい。。

しかしながら、ここにも孫氏の営業戦略が浸透していようとは思いもよらなかった。
またしても、機種代を分割(24回払い)納付である。
これにより2年間の支払いが強制的に義務付けられたのである。
悲しいかな…問題が、支払いではなく、『2年間関係を継続できるか』にすり変わった瞬間であった。

しかし言うまい。。
それは神のみぞ知るのだ。
もちろん、『そんなもんうちらに関係あるか!』なる所存であることは言うまでもない。
小生のこの他愛もない日誌を御覧になっている関係者各位、つまらぬ横槍を入れて茶化さぬように!
念のため、留意を促しておく。

さてさて…手続きにしばし時間が掛かるということで、先程から「ぐぅぐぅ」と喧しく呻きたてる腹を諫めに、なんたらという洒落たかふぇに向かった。

今になって思えば、はからずもなんと素晴らしいタイミングであったことか…!?
そふぁに腰掛けたその時…
窓の外は、とても浮き世とは思えぬ様に変容していたのである。
そう、それは将に北海道の、いやシベリアの僻地…と形容するに相応しい景観であった。
万が一その吹雪の渦中にあれば、手がかじかんで死人の如く冷たくなっている彼女を無理矢理仰向けに寝かせ、両腕に抱き抱えた挙げ句、『誰か…助けてください…(T_T)』と世界の中心で愛を叫んだことは間違いなさそうである。
斯くなる奇行に及ばぬよう、神は我にかふぇをお与えになったに違いないのだ。



ぬぅ…ここまで書いてみて、普段の2倍、いや3倍は書いているつもりだが、如何せんまだまだ半分に満ちるか否かといった具合なのだ。
同志よ…まだ読むのか?
よほど暇なのであろうな…同情を禁じえぬ。。
まぁそれもよかろう…
もうしばしお付き合い願おうか。
だが、はじめに断っておくがたいした中身はないのだ。どうせ最後はのろけて終わるのだからな。
それでもよいという奇特な方のみお付き合い願いたいものだ(´-ω-)
後で『時間の無駄!』と揶揄されても甚だ迷惑なのでな…。



かふぇに滞在している間の出来事である。
他愛もない話に花を咲かせ和気靄々としている二人を悲劇が襲う。
…というか、男の方が悲劇を招いたという表現が的確な気もする。
まぁ、その男とは言うまでもなく私なのだが…。

私はかねてから、老いに対するハンディは男性よりも女性の方が大きいと考えてきた。
同じ5才年をとるのでも、男性と女性では意味が違うと思うのだ。
今もなんらそれに変化はない。
そうして、斯くの如くそれを表現してみた。

『女性には賞味期限がある』


…彼女は明らかに怪訝な表情を見せた。
それはそれは…まるで、、、言うまい。。。

あまりの威圧感に、私は思わず隣の観葉植物に救いを求めたのであった。
『ぉい…怒ってはるんやけど、どうしたらよいかな?』

当然ながら神は舞い降りる事無く、話題の変化により一時のピンチを切り抜けたのであった。

『同じ過ちを繰り返すまい…』
密かに心をかためたのも束の間…人間そう簡単に変化できることがあろうか?…いや、ない。。。

不幸にも男は同じ過ちを短時間に繰り返す。
場所はバスの中だったか。
男は宣うた。

『え~と…他の男も意識して綺麗になる努力を…』

自分より他の男の事を考えろ、などと本気で思っていやしない。
もちろん、目移りなどしないでいただきたいものだ。

しかし、この男、伝達方法ないしは言い方に難あり…である。

恥ずかしがり屋が手伝ってか、素直に気持ちを表現できないのである。

『なんでそんなこと言うの( -_-)…?』

・・・・・もっともである。。。

兎にも角にも、こうして男は二度も彼女の眉間のシワを拝むこととなった。

自業自得…合掌(-人-)


帰りに、二人は携帯を取りに参り、再びお茶をした後、帰途に着いた。
別れが忍びない…ただならぬ気温のせいなのか、離れたくない、もう少しいっしょに居たい…そんな想いが溢れんばかりであった。

もはやわかりきったことだが…

私は彼女を好いている。
今まで味わったことのないほど、狂おしいほどに…である。


さぁ、好きなだけ喋ろう。
[PR]
by harapin56 | 2008-02-25 23:15 | 日々雑感

明日はデートです。

うちの教室では公開模試の日です。
そん中ぼくはデートですが何か???

生徒にももう告知済みです。
「君ら試験やな…先生デートたい☆」

でも、明日は天候がよろしくないみたいで…。

晴れたらいいな。気温は低くてもいいから…さ。。。

なんだろう、逢えるだけでもいいや。
デートとしては終わってるかもやけど…
逢いたいねん。手をつないでいたいねん。ギュってしてたいねん。

それだけねん。
[PR]
by harapin56 | 2008-02-24 02:11 | UP↑系

耳をすませば。

f0002815_0413719.jpg「ちょっと純粋すぎやしないか?」なんて…もし言われたって、あんな風に一生懸命自分のために、ひいてはそれは相手のために、二人で人生を歩んでゆきたい。とても素敵じゃないか。
[PR]
by harapin56 | 2008-02-23 00:45 | 自己発信

ぁぁ゛ぁ゛あ。

なんて可愛いんだろう…。

愛ぉしさ…priceless(∞)o(>_<)o
[PR]
by harapin56 | 2008-02-22 15:27 | 愛し君へ…

久々の神経衰弱。

カードゲームではなく、リアル神経衰弱ッス…(´-ω-)

塾によっても随分とシステムが違うのですね。当たり前か…。
今日はそれを目のあたりにしたので、疲れましたわ。。。


そぉか…オリジナルプリントを使う時に本店の許可がいるのか…。
やりにくぃなぁ…。

手続きがややこしいのと、知的財産が自然と放出されるシステムなのとで、今後今日みたいにネタを出していく意欲がなくなりました。

あくまで自分で作ったもんやしなぁ…無料で提供する気ないしなぁ。

ま、落合監督じゃないけど、現有戦力でやります!

明日は佛大通信教育部の説明会に行ってきます。…ではでは。
[PR]
by harapin56 | 2008-02-21 23:07 | UP↑時々DOWN↓系

かよわきエナジー。

「逢いたい…」と君が言うなら、どこにでも。

その一言やたった一つの仕草や行動が、胸の内を擽るのです。

今日の一時がまた明日の、明後日の力になる。

言葉では表現しきれぬ想いが体から溢れている…
たとえ陳腐でも、そんな感情を人は『愛』と呼びます。





好きで、好きで、好きすぎて死ねる( З)ぁあ…。。
[PR]
by harapin56 | 2008-02-20 21:50 | 愛し君へ…

一日千秋。

いつだって逢いたい。
  いつだって傍に居たい。
   毎日、『愛してるよ。大好きだよ。』と言っていたい。

今できるのは三番目くらい。

電話という通信手段のある時代に生まれて…そこは、よかったと思えるところ。

次、逢えるのは日曜日。
一日千秋の想いを胸に、床につく。

f0002815_3482781.jpg

[PR]
by harapin56 | 2008-02-20 01:12 | 愛し君へ…
なぜめぐり逢うのかを 私達は何も知らない
逢うべきに出逢えることを 人は仕合わせと呼びます



…中島みゆきさんの『糸』は名曲ですね。

世の中には出逢えないで終わる糸があるんだ…って、
出逢えたことそのものがまず素晴らしいんだ…って、
とても穏やかな、幸せな気持ちになりました。

週末はなんかぎくしゃくしていたけれど、それすら愛しく思える。

お互いまだまだ知らないことばかりで、時に互いを傷つけてしまうこともしばしば。
でも、傷つけることを恐れて感情を抑えるだけになってしまったら、それこそ窮屈。

今回…
逃げずに向き合ってみてよかったな、って思う。
こうして、問題が起こっても、ひとつひとつ…解決して、そんでお互いの関係を育んでいけたらいいなぁ。彼女と…ん、彼女だから…そうしていきたい。

僕の発言や行動は彼女を笑顔にもするし、泣き顔にもする。
泣き顔にするのは嫌だけど…絶対無いなんて嘘だ。
だから、その分、たっ・・・・・・・・・・・くさんの笑顔にしたい。
そんな存在で居たい。

素直にそう思える、こんな自分にしてくれているのは…言わずもがな。
ありがと。
[PR]
by harapin56 | 2008-02-19 00:34 | 愛し君へ…