古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

<   2008年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

4月25日(金)
彼女がうちに泊まりに来るから、気分は否が応でも最高潮に高まる。
外で逢瀬するうちらだからこそ、この時だけは何人にも邪魔され得ぬ至福の時間。
ずっとこの瞬間が続けばいい…それだけを願う。12時間じゃ足りない。

4月27日(日)
週末に狂おしく愛を確かめおうた二人には一日の空白さえも…ただただ永く。
だから、日曜の朝からお出かけすることになった。
体調の悪い彼女、朝勤明けの俺。
地下鉄に乗ろうとする俺を制止して、「歩こう」と言った。
二人は、七条から鴨川沿いを上った。
朝のほのかな陽気と爽やかな空気は二人を和やかにさせてくれた。
この日は、二人の積み重ねてきた経験値が発揮された。
昼、ランチを食しながら、何気ない話のつもりがどうも雲行きが怪しい。。。
いつもなら、互いに売り言葉に買い言葉…と引けなくなって、二人して落ち込んで爆死のパターン。
本格的にいよいよ喧嘩に発展しそうなその瞬間に、「いけん、やめよ(笑)」…こんなことで喧嘩しそうになっていた自分達を笑える二人が居た。
これは、僕たちにとって大いなる進歩だと二人して誉めた。
でも…最後が、ダメだ。
俺が余計なことを言った。齢27寸前にして、女子をいぢめて気を惹こうとする小学生男子がそのまま大人になったような人…自分。
普段なら笑って流してくれたかも…。でも、この日はダメだった。
不安にさせている時に、これは笑えなかったね。
泣きそうな彼女とそうさせた源泉である自分の幼さに、ちょっと…やるせなくなった。

4月28日(月)
この日、俺は風邪をこじらせた。
昼間は休憩中に電話してきてくれた彼女と普通に和やかに会話してたものの、その後授業に繰り出し、解説している最中に急に息苦しく熱っぽくなった。体温計は、38℃を示した。

4月29日(火)
休みだったもの、朝勤と賃貸の最終契約で早朝から出かけた。
彼女は気遣ってくれて、自分の予定があるものの、その後行こうか?と言ってくれていた。
俺はそれに対してその時、特になんの返しも明示しなかった。
俺は寝た。起きたら、夕方の5時半ごろだった。
4時過ぎに彼女から着信があったことに気づいた。掛けなおしたけど、出なかった。電車に乗っていたのだと思う。
後に再度着信があって…彼女は怒っていた。もの凄い剣幕で。
彼女が怒っている原因はすぐわかったし、完全に自分に非があることだから、「ごめん…」としか言えなかった。
今回の揉め事は、俺の人間性(誠意のなさ…と言っていいだろう)の問題だった。
自分がそういう一面を持っていることは自分でもよくわかっていたから、今まで見せないように気づかれないようにしていた。けれど…今回、図らずもそれが出てしまった。
「お前、そんなんしてたら、いつか大切な人を傷つけるよ…」
親の予想は的中した。認めたくないが、彼らの予想はいつも当たる。
「終わった…」そう思った。
けれど、彼女はそれを否定して、こう言った。
「これはあなたの問題点だと思うけど、それで好きか嫌いかはまた別問題。
今回こういうところがあるんだとわかったし、次またやったらすぐまた注意する。
それを繰り返して、頻度が下がればそれでいい。」
電話を切って、俺はまた昏睡状態に陥った。

4月30日(水)
朝、もの凄い汗で寒くて目覚めた。
時刻は6時半で、完全に朝勤は遅刻だった。
前日寝込んで丸一日潰してしまったので、この日こそは引越し準備に打ち込まねばならず、朝勤終了後は即座に家に戻り、梱包作業を開始した。
気づいた時には13時も前になろうかという頃で、彼女からメールがきていた。
彼女はイライラしていた。
イライラさせているのは俺なんだろうな…そう思ったら、やはりまた切なくなった。

18時半、携帯が鳴った。彼女だった。
声がおかしいことはすぐわかった。語尾が強い…イラついている声だ。
先日のあのことが、そう簡単に拭い去れはしないよな…。
不安なのは当たり前だと思った。
話を、イライラしていることを全部聞こうと思った。
そんなことはないのだけれど、例え声を荒げられてもいいと思っていた。
どれだけ話したろう…合計すると3時間は話していたのかな。
これで、全てが解決したわけではないし、今からの自分の在り方次第なのだけれど、少しは「愛していること」を信じてくれたみたいで、ホッとしている。
俺は昔も然ることながら、より以上に今彼女を好いている。益々好きになっていっている。

そんな彼女に、二度とあんな顔をさせたくない…させない。
ごめんね。ありがとう。君だから…俺は少しまともな人間で居られる。
[PR]
by harapin56 | 2008-04-30 23:59 | UP↑時々DOWN↓系

移住。

バタバタしていてアップできなかったものの、4月上旬から探し始めて、21日には契約を交していました。

はい…引っ越します。

親と再び同居しはじめて約三ヶ月…。
うん。大方予想はしていたものの保ちませんでした。
自分はどうしても親元に居ると甘えてしまう。思いやりが無くなっていく。
仕方ない結果です。

今まで…まぁ転々と様々なところで親から離れ暮らしてきましたが、正確には一人暮らしは大学二回生の頃以来です。
というのも、シェアリングが多かったから。
彼女とは『寺田』、友人とは『向日町』、会社の同僚とは『鞍馬口』。

引っ越しは5月3日の予定。
現在は荷造りに追われています。

洒落たところではありませんが、今より融通は利きますから、知り合いのみなさん。遊びにいらしてくださいm(__)m
場所は、伏見ですがね(´-ω-)

さて…しかし、引っ越しを業者には任せないつもりなのですが、如何せん、時期も時期なのか、人手がまったくありません。。。

誰か…ヘルプミーm(__)m
[PR]
by harapin56 | 2008-04-24 22:58 | UP↑系

男の子・女の子。

ぼくたちはみんな、いつでもそうです。

 女の子のことばかり、考えている。

女の子はわがままだ。

 よくわからない生き物だ。

でも優しくしてしまう。

 何も返ってこないのに。
[PR]
by harapin56 | 2008-04-21 23:48 | 日々雑感

二年半ぶりの夕勤。

昨日のことになるが、標題に記したとおり久々に夕勤に入ってみた。…死亡。。。

具体的に何が自分にとってきつかったのかを記したい。

①若さ【エキス】
年が若い。おそらく大学一回生・二回生の集まりだろう。話題が若い。
昭和生まれのおっさんには付いていける由縁もないがな…( ̄~ ̄)
特に男性スタッフの得意げに語る『女』の話題がつらい。
得意げなのが輪をかけて痛い…。
最初は笑って聞いてられるが、たいがいこういうのは後半つらくなってきて投げ捨てジャーマンがオチ。
今回もご多分に漏れず捨てた。
おじさんは、好きでもない、また、ぺらっぺらの人たちの話を聞くのは苦手です、はい。


②職責の不透明さ
だれが何をどの時間にどうするかが体系化、明確化されていない。
たぶん本人達はできてる気でいる。
質が低下しとるなぁ…とどうしても前五年やってたおじさんとしては思ってしまう。
どう動いたらえぇんかわからんと仕事はストレスなもんなんだが…(´-ω-)
自分達がわかればそれでいい…と思っているのかもしれないが…それだとオレはともかく新人はきついんやけどなぁ…。

ま、今は勤怠違うので言いますまぃ。
ぁあ…若いんやなぁ。それしか感想がないッス。
揉めたくもないし、もうしばらく入らないようにしようとも思うので、触らず波風立てず参ります。
[PR]
by harapin56 | 2008-04-19 22:42 | 日々雑感

ココロ今ココニ。

今じゃない。腐ってもいない。しかし、

もうさすがに振られるな…そう思ったときが確かにあった。

愛されていることは実感している。
けれど、俺は…愛されてもいいんだろうか?そんな資格があるんだろうか?
…わからん。申し訳なくて、自分のできなさが本当に。

こんなのって、自分って…なんか…悲しいなぁ。
[PR]
by harapin56 | 2008-04-18 13:21 | 自己発信
朝勤が続くと、いかな休日であれ、休みな気がしません(´-ω-)
ただ、朝→塾の流れはきついのでついつい休みである水・金・日にシフトを偏らせがちです。

そんな…ぁ、そんな中、金曜日朝無しヾ(゜∀゜)ノキタ―――――――!!
朝4時半に起きなくていいんだよ!
…ぃい~んですか(゜∀゜)!?
…ぃい~んですd(≧▽≦d)☆
そうは言っても代わりに夕勤入るわけだし、どうせ昼間は家の整理して終わるんだろうけど、…けど…けど…ぁぉぉおーーん(*´∀`)ノ。+:゜
[PR]
by harapin56 | 2008-04-17 23:00 | UP↑時々DOWN↓系

簡易健診。

今までは学校が、または会社が健診を斡旋してくれていたから何も考えずただただ指定された日に指定された場所に行くだけだった。
(あ、でも去年ブチッたのに、そのままスルーされたぞ…あれ、会社に受けさせる義務があるのでは??…う~ん、いいのか成基こみゅにてぃ?監査入ったら終わるよ~(´-ω-)ふぅ)

しかし、今年からはそうも行かない。
というわけで、行ってきた。民医連第二中央病院。

ま、しかし特記することもなく終わりました。

ただ自己負担で、保険効かないんやね。
初めて知った。そういう意味じゃ会社が負担してくれてる正社員って立場は恵まれてるよ、やっぱ。
短期で見たら、派遣や非常勤といった歩合給の方がやりがいありそうやけど、長い目で見たら正社員の方が収支は出るんだろうな…。
それに好きな時に休めないけど、休んでも給料変わらないし、安定するよな。

行動には責任が伴う。
う~ん、今更ながらに納得。
今、楽しいけど、安定はしてないからな。
二年は仕方ないけど、30では正規に雇用されていたいね。
守りたいものを『きちんと』守りたいし。

先を見ながら目の前も!!
さぁ…一日一日頑張っていこうd( ̄~ ̄)b
[PR]
by harapin56 | 2008-04-15 22:56 | DOWN↓系
たった一つの綻びから、ボタンの掛け違いから終止符が打たれそうになりましたね。
意地張りました。ごめんなさい。

なんか謝ってばっかだ。ごめんなさい。

あなたじゃなけりゃ、とっくに捨てられているでしょう。
随分…根気よく付き合ってくれているよなぁ。ありがとうね。

あなたを失ったとしても、「死ぬ…」なんて僕は言わないだろう。
きっと、独りでも生きていくのだろうし、また別の人にめぐり会ったりもするだろう。

でも、やだ。
あなただから、いっしょに居たいよ。

帰ってきたら、思いのたけを込めてぎゅ~…しよう。
[PR]
by harapin56 | 2008-04-14 22:18 | 愛し君へ…

整理【結婚観】

もやもやしているものは何なのか?
見えてきたから、忘れない・どうでもよくならないうちに整理しておく。

引っ掛かっていた言葉は、


『結婚する気がない人とは付き合うことができない。
その時間を、無駄な時間と思ってしまう』。


1時間話した中で、この台詞だけはきっと忘れないだろう。
「あ、、なんか変…今、もの凄く違和感と寂しさを覚えている」
そう感じた。

「じゃぁ…俺がもし『結婚するかどうかなんて考えてないよ』とか『する気?ん~ないかな?』と答えたら、別れるってことか?」
そう考えた。
俺の中で、結婚って何か?
正直言って、「しなければならないもの」なんて全く思っていない。
結婚しても不幸な生活(本当に『生活』をしているだけ)を営んでいる仮面夫婦は山ほどいるし、逆に籍だけ入れていて結婚式はしていなかったり、また、内縁関係で幸せを感じている夫婦もたくさんいる。
俺の周りには事実こういう関係の人達が多いから、殊更そういう価値観になったのだろう。

結論から言うと…
俺にとって結婚はあくまで『結果』だ。
自分の愛する人と伴に人生を歩んでいく延長線上にある一つの点にすぎない。
愛の形なんてどうでもいい。
もっと大切なのは、愛の中身・本質。
大切に思うのは、
「この人と居ると独りで居るより人生が楽しくなるな、いっしょに居たいな」
その想いだけだ。
その結果…結婚という一つの選択肢が出てくるにすぎない。

でも、上述したような台詞には、
結婚が『目的』であるかのような錯覚を覚えたのだ。
それを…寂しく思っているんだろうな。
無論、彼女がそういう意図を持って発言していなければ、これが俺の誤解であればそれに越したことはない。

うん。今、この問題には真剣に向き合っていかないといけない気がする。
俺のこの結婚観が変わることはないだろう。
そしてまた、俺が結婚したいと本気で思う人は、結婚という形ではなく本当の意味で俺を愛してくれる人だろう。
変な感じだけれど、形にこだわらないくらい自分を好いてくれる人ならば、形(結婚)にこだわりたいと思える。

今、自分の中では、彼女がどちらかわからない。
できることならこんな話はしたくないし、見なくていいなら見たくない。
でも、とても大切なことだ。二人の未来を真剣に考えれば考えるほど、ここからは逃げてはいけない…はずなんやけど…やっぱしんどいとも思う。
彼女はゆずれないポイントだと言った。
もし、本当にゆずれないなら、俺のこの価値観に嫌悪感を感じるなら…それはもう…仕方ない。

考え得る最悪のケースは望まないが、今、静かに…覚悟を決めた。

俺は、俺自身を愛してくれる人を、全力で愛す。
[PR]
by harapin56 | 2008-04-13 23:57 | 自己発信

SUNDAY BLUE RAIN.

なんか怠いなぁ…と週末思っていて、まぁ…声が出ないし、喉がイガイガするし。
案の定、風邪引いてた…と( _ _)
追い打ちかけんが如く、外は雨やねぇ。。。
西院から濡れて帰れっちゅうわけやね。
受けて立とうじゃないか、このバカちんがぁ( ̄□ ̄;)

こんな時に限って、明日も朝勤なんね…だるいなぁ。。

でも、お金必要やし…行かないと…。

気分も重いし、雨に濡れてスーツも重いし、
早く帰って布団に入りたい。

OH, my OFTN(オフトン) hold on me, please(*´Д`)ノ。+:゜
[PR]
by harapin56 | 2008-04-13 20:35 | DOWN↓系