古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

失言。

麻生新内閣、国土交通大臣中山氏の失言が取りざたされているが、俺も…ご多分に漏れない。

言い方一つで伝わり方は変わるのだ。
本当はそんなに【-】の思いはないのに、相手にとっては必要以上にそう伝わってしまう、または、実際に【-】な思いがあり、オブラートに包むことなく出してしまい、傷つけるなんていうことがしばしば。
要するに、デリカシーに欠けているということなんだろう。

まぁ、また喧嘩をしたんですね。
仲直りはしたけれど、自分のあかんところ、問題点が浮き彫りになったのはよかった。

ちなみに、これは余談であるが、

前にて触れた中山氏の失言(と言われている)の中で、

「日教組解体あるべき!」

ってのは、個人的になんにも失言とは思わんのだが…。
あんな、自分たちのことを『聖職者』と位置づけながら、
かたや一方で『労働者』として権利を主張する腐った共産集団なんてなくなったらええがな。
『労働者』ってことは、給料のためにやっとるんだろう?
ほしたら、保護者に叩かれたり、先生として尊敬されないなんて、自分の能力の無さを恥じて甘んじて受け入れなあかんやん?
なのに、都合悪なったら自分は教師という『聖職者』で敬うべし…なんておかしいやん?
浪人時代に、「保険料下げます!消費税下げます!」という財源の矛盾を公然と理想としてやかましくのたまわって凱旋していた共産党議員を思い出すよ。

どんどん話題が変わります。

もうすぐ総選挙…多分。
保守の自分だけれども、今回ばかりは政権交代をさせないと不味いと思っています。
別に民主党が好きなわけでもなんでもないけれどね。

このことについては選挙が近づいてきたら改めて詳しく意見したいと思います。
[PR]
by harapin56 | 2008-09-28 01:22 | UP↑時々DOWN↓系

このところ。

更新も滞る今日この頃。
お久しぶりです。マラクニマンです。

前回からの展開を大まかに記すと以下のようになります。

喧嘩する)⇒意地になって連絡取らず【当然喧嘩中】)⇒10日、馴染みのBarにてマスターに諭される、メールを一本打つ『おやすみ。』【喧嘩中だが返信くる『おやすみ。』】)⇒翌日、電話にて仲直り【LOVE】)⇒私、名古屋にてBROS.と再開、at 愛知牧場【平和】)⇒週明け、彼女仕事始まる、仕事でストレス溜まる、すれ違いにて喧嘩)⇒きちんと話し合う。自分が忙しかったり精神的にきつかったことは確かだが、きちんと話を聞いて支えてあげられなかったことは反省する。相手も理解を示してくれたことは大きい【喧嘩多いな…】)⇒現在、彼女、友人と北海道旅行中


喧嘩していた時のこと、13時半~TBSの昼ドラの中で、嫁さんの言ってたこと。

『あたしも旦那とずっといっしょにいるけれども、相手のこと本当はよく分かってない。分かってないことの方が多いんじゃないかな。夫婦っていっても、もとは他人だから。でも、分かりたい…そう思う。そうやって繰り返していって、本当の夫婦になるんじゃないかな。』

名言でした。本当にそうだと思います。
今後もやはり、喧嘩はするでしょう。でも、この気持ちを忘れたくありません。

明日、朝勤です。寝ます。
[PR]
by harapin56 | 2008-09-21 01:00 | UP↑系
また喧嘩です。

もう幾度になるのやら。二人とも懲りない。

世の中には、当然ながら様々なカップルがいて、それぞれに喧嘩のきっかけ、またそれを治める対処法があると思う。

うちらの場合…二人とも『折れない』ところに起因するのではないかなぁ。。
それと、傾向として、喧嘩になりそうな始めの段階で「やめておこう(笑)」となれば大丈夫なのだが、一度ある点を越えるともう後戻りはできず、ただひたすら不仲の階段を上り、意地という壁を作るだけ。。。

多分、どちらか一方がより大人になれて、退くことができれば、こんなに頑なになる前に仲直りできるのだろう。
でも、残念ながら現在のうちらには、それができない。
そういう意味では…相性が悪い。

俺は心の広いおおらかな人間ではないから、相手の怒りを受け入れて尚且つ穏やかに対処することができないでいる。
また、自分が悪いとわかっていながら、素直に謝れないという問題点も抱えている。
なんというか…悪いと思ってはいる、けれども、謝れないのだ。

なんだか、母親との喧嘩に似ているなぁ。。。
俺はきっと…プライドを粉々に砕かれるのが嫌なんだろうな。
しょうもないプライドやな…と言われればそうだと思う。
それでも、「非を認めろ!」と責められて完膚なきまでダメだしされると、それが例え正論で、相手が100%正しいと頭では分かっていても、反発してしまう。

「△△やろ!?え?どうなん!?」
と言われたら…「あん?何ぉ!?」となってしまう。

他人を変えることはできない。
だから、相手に求めるのは筋違いなんだろうな…とは思うものの、

いや、やめよう。
[PR]
by harapin56 | 2008-09-08 23:02 | DOWN↓系
いつになく頭がかゆい…ということで、何の気なしにポリポリ。



……

………???

フケではない。なんだこれ???

頭皮がはがれたらしい。

あん??大丈夫なのかこれ?

今年の夏、太陽光に焼けすぎて、肩の皮が激しく剥けた。
頭皮も剥けるのか?なんかのサナギ…いや、病気なんかじゃないかと不安に陥りながら、バーレーン戦を観戦しようと思う。
[PR]
by harapin56 | 2008-09-07 03:41 | DOWN↓系