古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

<   2009年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

核保有、是か否か。

戦後、敗戦国として約60年を経て、日本人は戦争や核兵器といったフレーズの飛びかう議論ないしはその思考からあまりにも遠ざかりすぎている。
人によっては、発言することすらおぞましい…と、タブー視する始末。。
どうもこの60年の間に、「平和は無料(ただ)である」といった意識が広がっているように感じられる。
(もうこの辺りで、「こいつぁ右翼だ…」と毛嫌いする人が出そうである…
えぇ、中道左派なんて糞食らえです)

しかし…、
少なくとも国の平和、果ては世界の平和を提唱するのであれば、決してこの議論から逃げてはいけない。
平和ボケの中で平和を叫んでも誰も聞く耳をもたないからだ。
今将に戦火に晒されている人々と同じ卓上にはつけない。
たった今、フラれて落ち込んでいる時に、いつ何時もモテモテなイケ面男子・ギャルに「まぁ、気にするなよ」と言われることに似ている(笑)
その瞬間、思うだろう?

『おまぇが言うな…』
『おまぇにはわからんだろうがぁ…』


繰り返すが、真に平和を考える際、そこに戦争や核についての自己の価値観がなければ、それは偽物である。

さて…
その上で改めて問いたい。
核保有、是か否か?

私はこう考えている。

(願望)この世から核は消え去ってほしい。
(手段)そのために、日本は核を保有すべきである。

一見、矛盾したかのように思えるが、そうではない。
何故か?
まずは事実を確認しよう。
昨今の世界情勢を見てみると、一部の国は核を保有し、それを外交の最後の切り札にしている。
核を持っているというカードは強い。。
普通なら当然のように叩き潰されて叱るべき国に、おいそれと手が出せなくなる。
所謂、核の抑止力である。まずは現実を直視し、認めなければならない。

『核の力は絶大である』

さて、ここからだ。

前に述べたが、私は核なんてなくなったらいい、ない方がいいと考えている。
つまり、(目標・目的)全世界核放棄、である。
そのために、(手段)として、日本が核を持たずに世界平和を訴えるのではなく、日本も核を保有する。
そして…、、、















保有したその瞬間、
全世界に向けて一斉放棄を呼び掛ける!!


前半に強調していたこと…
持たない国が何を言おうが、持っているどの国もまともに聞きはしないのだ。

確かに単に他国に驚異を与えるため、自国に有利に働くように外交交渉をするための核保有には反対だ。
それでは今までの核保有国と変わらない。
しかし、目的が違う。
核をなくすために核を持つのだ。
アメリカの背中に隠れ、世界中から後ろ指をさされ、非難されながら、それでも金を出すよう促される、そんなパシリ国家はもうこりごりじゃないか?

全世界で唯一の被爆国、日本。
その国が、核を持って核の一斉放棄を呼び掛ける。
世界中が、日本に新たなリーダーシップを感じる瞬間になるのではないだろうか?
[PR]
by harapin56 | 2009-01-27 17:50 | 自己発信

まずは見てから。

田母神論文がファッキンマスコミを賑わしてしばらくが経った。
基本的には国賊として批判されていた彼だが、果たして本当にそうなのだろうか?
気になったので、父から論文を送ってもらい読んでみた。
個人的には内容に関してまったく異論はありません。
あらゆる角度から的確に太平洋戦争を…また、大東亜共栄圏思想を説明してくれているではありませんか?
私には彼が国賊として批判されるわけがまるでわかりません。
むしろ、アメリカが当時押し付けた憲法9条を死守しようと訴えている左翼かぶれの人達の方が偽善に満ちあふれた国賊のような気がしますが…?
そらまぁね…政府見解と異なると言われれば、それはそうですが。
政府が間違っとるんだから、しゃあないっしょ?

ま、まともな人なら読めばわかります。
まだ読んでいない人は是非まずは読んでみてください。
批判はそれからということで。。。
[PR]
by harapin56 | 2009-01-20 23:57 | 自己発信

記憶の狭間。

昨日に引き続き、体調面の不安定さを少々。。。

標題にもある通り、猛烈な眠気に見舞われています。
朝勤と夕方~塾のコラボは相性悪いのか、一日単位の生活リズムが崩壊寸前だと感じるこの頃…。
【一例:1/20】
5時:起床
6~9時:朝勤
10時半~12時:睡眠
13~16時:睡眠
16時半~17時半:睡眠
19~21時:授業
23時:帰宅

どんだけ寝るんだ、あたしゃ…。
なんか、このままではいかんいかん、と思ってはいるものの体が付いてきていない。
今日から始まった今週来週の朝勤は週5・6で気が重い。
でも一月末には住民税という爆弾が…三月末には大学の授業料という巨大爆弾が…。
休んだらダメだ…。

吐き出したらスッキリしたような、、、気休め程度ですが、それで今は十分です。
頑張れ、俺。
[PR]
by harapin56 | 2009-01-20 22:34 | DOWN↓系

現状。

そういえば、昨年の今頃は大変だったなぁ…と、ふと思った。
一年経ってみて…中身は違えど、大変なのは変わんねぇ~(笑)

さて、、、17日から、近畿中学入試が解禁しましたね。
そろそろ初日・二日目の結果が出始めています。
ちなみに、彼女は16日~19日朝まで、友人とスノボへ。
私はというと…、
初日は立命館守山に。
初めて行ったのですが、入り口が二つあり、片方をケアしている間に反対側から入ってきたのか、出逢えずあえなく撤退(こんなことは3年間で初めてでした…)。
駅から学校まで徒歩30分という不便な立地も、車を所持しない自分には痛い。。。
二日目はなんともまぁ懐かしの帝塚山に。
前職での勤務地だったので、知り合いの保護者に逢ったら嫌だな…と思っていたが、ただの思い過ごしに終わって一安心。遠目から、オレンジに染まった前職の人たちを眺めて去ってきました。学園前だけはうまくいってほしいけど、あとはオレンジ全員どうなってもいいです。
この日はこのままエーピーにて、昼勤&夕勤(~22時)をしていました。
流石に…最後は死にそうになりながら22時が来るのを待っていました。
学生時代はよくこなしていたこの勤務(通称:あほ勤)…年取ったなぁ。。。

なんか…草臥れた内容ばかり。精神的に、特には肉体的に疲弊している現状なのでしょう。
明日早いのでもう寝ます。NSの○舘のコメントがいちいちムカつく…では。
[PR]
by harapin56 | 2009-01-19 22:42 | DOWN↓系

不幸中の幸い。

1月14日、午前6時15分頃、朝勤のため、原付走行中…


凍結していたらしい路面に、我がToday号は舵をとられ、危うくTo die するところだった…。

早朝だったため、後続車がなく、単独自損事故で済んだことがまず不幸中の幸いだったといえよう。

しかし、右顔面に擦り傷・打撲→腫れ、右足首・膝、両手の甲に内出血を獲得した。

幸い、原付は走行可能。
よって、そのまま朝勤に向かうも、勤怠開始直後に、同僚から心温まる帰宅命令。。。
いや、本当に助かった…。
冷静に考えたら、そっから三時間接客は無理。
無事病院に駆け込むことができましたよ。

CTの検査結果は、異常なし。
とりあえずは、一安心ってとこです。
現在、二日経過して、右目の腫れがひどくなってきたけれど…。

まぁ…命あってのものだね。
贅沢は言えますまい。
[PR]
by harapin56 | 2009-01-16 22:18 | DOWN↓系

知己。

先日、突然、大分の知己から朗報届く。
『急遽、京都に取材に行くことになった。』

大学時代のBros.のメンバーではあるが、実は二人きりで話をするのは初めてではないかと思う。

19時頃には、仕事から上がれるとのことで、おちあった場所は木屋町。
学生時代、重宝した町である。

「ホッピーに行くか?」
と、繰り出したが、着いた先はホッピーではなく、小洒落た店へと変貌していた。

構わず、in。

始めは、「何を話そう?」などという緊張感に包まれていたのが事実。
しかし、今日の私は冗舌だった。
前の緊張などどこかに飛んでいっていた。
他の知己について。
互いの恋愛事情について。
大学時代の裏話について。
などなど…話題は尽きず、あっという間に3時間半が経過した。

どんな形であるにせよ、遠く離れた知己が地元を訪ねてくれることは嬉しい。
私は非常に興奮していたのだと思う。

この先、まずありえないが、みんなで集まれたらどんなに楽しいだろうか…?

このかけがえのない知己を大切にしていきたい。
そう…強く感じた一日。
[PR]
by harapin56 | 2009-01-11 23:10 | UP↑系

祝・一周年。

お付き合いを始めて今日でちょうど一年…。
最長一年半の俺にとっては、ひとまずここまで来たんだな…と感慨ひとしお。
色々苦労をかけるけれど、これからも変わらず愛していくよ。

味がなくならないよう努力するから、ガムのように捨てないでね(笑)
[PR]
by harapin56 | 2009-01-10 00:35 | 愛し君へ…

アナーキー【2】報道編

講習会も残り一日となりました。
あと一日…そう思えば最後のひと踏ん張りができそうです。

さて、本日は先日からの世に唾吐く第2弾、マスコミという犬どもを糾弾します。

以前にも取り上げた『派遣切り問題』…まだまだニュースでこれを見ない日はありません。
国の雇用対策が遅い、雇用を放棄する企業は悪だ、と反政府と装って、さも弱者の味方を装っております。

派遣切りにあった人たち、辛いと思うよ。
自分も今の立場は派遣や契約社員となんら変わりは無いし、少しは理解できるつもりだ。

でも・・・・・・・・・・・、何でもかんでも国が悪い、企業が悪いって…他力本願かよ?
普段は他のものにとやかく言われることを嫌い、困った時だけその他のものを頼り、お願いするならまだしも、文句を言う。。。
繰り返すけれども、自己責任だってば。

少なくとも、俺は正社員という立場を自ら捨ててこっちに飛び込み、
いつクビをきられるか分からない(今きられたら正直困る…)けれども、
だからこそクビにならないように必死で自分の価値を高める努力をしている。
仮に評価を得られなくて首切りにあったとしても、それは自分の能力がなかったり、努力が足りなかったからだと解釈するのであって、誰か第三者のせいにしたいとはこれっぽっちも思わないが…。

このご時世、いかに正社員だって終身雇用の保証はないんだよ。
何かあったときのために貯金をしておく、保険をかけておく…そういうふせを打ったか否かは自分の問題でしょうが?
幸せなことに、今現在裕福な、または安定した生活を送っている人たちは、それなりの努力をしてきたんだよ。

何か失敗した時に他の誰かに責任とってほしいなら、社会主義国家にいけよ。
でも、いくら頑張ろうが頑張るまいが報酬は一律だよ。。。

頑張った分だけ見返りが期待できる、それが自由主義だろう?
失敗したら、そのリスクを背負う義務がある、それが自由主義だろう?
自分のケツは自分で拭く…子どもでもわかっている当たり前のことだろうが…???

まぁ、百歩譲って誰かのせいにしたがる輩がいることはいいとしよう。
しかし、マスコミが便乗してどうする?
しかも、強弱はあるにせよ、どのマスコミも皆同じスタンス。。。

え、、、?
なんでマスコミ関係者は誰も言わないの?
「おまえ自身の責任じゃ( ̄^ ̄)凸゛」って・・・。
これが全国民の見解ですって…情報操作ですか???
本当にこの国のマスコミは意味がわかりません。
日々コツコツとまともに一生懸命頑張っている労働者を馬鹿にしていることに早く気づけよ。
視聴者も、簡単に踊らされるなよ…。。。
マスコミ関係者…誰か一人くらいそのマスコミに唾吐いて見せろよ。
[PR]
by harapin56 | 2009-01-06 23:46 | 自己発信
いよいよ2009年、今年は政権交代がおそらく起こるだろう。
自民党は歴史的敗北を喫し、民主党が躍進するだろう。
いざとなったら、民主党からも数々のスキャンダルが出てくるだろうから、絶対とは言えないが、個人的には以前にも記したが、交代させなければと強く思っている。

ところで…
この政権に関しては、国会の問題だが、同じくして、官僚、つまり行政の問題が取り上げられることもしばしばであるここ数年。
さいたるものは、『天下り』問題なのだが、果たしてこの『天下り』がなぜ発生するのか…をきちんと理解している人間がどれだけいるだろうか?
世間もマスコミも、『天下り反対!』『天下りをする官僚は悪だ!』と吠えはするが、それで終わってしまうのは、『天下り』の本質・構造を実は真には理解していないのだろう。
(結局は偉そうに世の中を語っているマスコミなんてその程度にすぎない…それを鵜呑みにする愚民どもがいるのだから、そこへの影響を考えるとはっきり言って害だ…ないほうが実は良い)

なので、本日はその実態と果てはそれと国政との繋がりについて述べてゆこうと思う。


前にも述べたように、問題とされている官僚の『天下り』。
この善悪をああだこうだと議論しても始まらない。
例えば、強盗事件が多発する地域があったとして、強盗は悪いことだ!やってはいけないのに!と言っても何の解決にもならないであろう?
そこまで多発するには何かしらその地域の状態に問題があるはずなのだ。
だからこそ…
なぜ、このようなことが繰り返されるのか?という官僚の慣習にこそ焦点を当てなければならない。

みなさんは、官僚のトップは誰かと聞かれたらなんと答えるだろう?
多くの人が、『内閣総理大臣』と答えるだろうし、それは正解である。
しかし、内閣総理大臣は国会議員から選出されるために、官僚にとっての最終的な頂点とはなり得ない。
その下の、大臣連中も同様の理由により、異なる。
そうなると、実質的な官僚の頂点とは何か?
それは、『事務次官』である。
一般の企業の社長・会長職にあたるのが、官僚にとっての『事務次官』。よろしいでしょうか?
さて、ここからが本題である。

この事務次官のポストが決定する際、一般の感覚では計り知れない悪しき官僚の慣習が発揮される。

その慣習とは…



















『その事務次官になった人物の同期および先輩の総辞職』

理由は単純。
代々事務次官は現職より下の世代から選ばれる。
その他の同期や先輩にはもはや次の事務次官になれる可能性は皆無。
事務次官にとっては自分以上の期は目のうえのたんこぶで、いなくなってほしいのが本音。

→だから、みんな一気に「辞~めた!」

…↑一般の感覚からすると、信じがたい慣習だと思いませんか?
しかし、これが官僚の世界では暗黙の了解として成立するのです。
我々の常識は官僚の非常識、我々の非常識は官僚の常識なわけです。
我々は自分の同期や下の世代が自分より出世したからといって(仮にそのことで自分の出世の芽が消滅したとしても)、簡単に職を手放したりはしません。…生活があるからです。次にお金が稼げる保証がない状態で辞めれるわけがありません。守るべき者がいれば尚更です。
しかし、官僚はそれができてしまう…。
そのからくりこそが、『天下り』なのです。
職を辞した官僚達には天下り先が用意されているため、ためらいなく辞められるのです。

天下り先は政府管轄の特殊法人。
現在その数は1000を超えます。
天下り先はごまんとあるわけで、
【容易に天下りができる】→【簡単に辞められる】
という普通ならありえない構図ができあがるわけです。
さらに、天下りした官僚ですが、あいつらはそこで仕事なんかしませんよ。
なんせ、狙いは退職金ですから。
適当に在席だけして、2、3年したら、うん千万の退職金を得て、また別の天下り先へ。
これを繰り返すだけ。
そりゃ、事務次官になれなくてもほいほい辞めるさ…。
美味しい話が必ず付いてくるのだから。

以上が、天下りが常態化した官僚の慣習です。

ここで、話を国政に移します。
なぜなら官僚のこの問題と国政は無関係ではないのですから。
国会討論では、財源がない、なんて言ってますが、奴らの天下りによる退職金には現在与党はほぼだれもつっこまないという事実。
おかしいと思いませんか?
行政の不正を監視し糾すのは国会の役目なのに、その国会が行政に手を出せないでいる。

さて、なぜでしょう?

それは、無能な輩が大臣職に就任することに起因します。
大臣は、一日に1000来る報告書、これに優先順位をつけ、総理大臣にあげなければならない。
しかし、無能な大臣は何が大切な、優先順位が高いものかもわからない。
そうすると実質その判断を下すのは自ずと官僚となる。
官僚にとって必要な、都合の良い案件だけが上にあがっていくのです。
官僚をコントロールすべき大臣が、官僚にコントロールされている……。

では、思いませんか?
そんな無能な大臣は大臣にたとえ指名されたとしても、できないのだから、受けなければ良い、辞退すればよい。

えぇ…そんなやつ見たことありますか?ないでしょう?
それは、
大臣(ここでは大臣の過半数を占める国会議員と仮定します)が
国のことを真剣には考えていないからです。
残念ながら、彼らが考えているのは自分の名誉欲を満たすこと、選挙で勝つこと。
一度大臣になれば、よほどでないと、その後、落ちませんからね。

最後に…問題提起をひとつしたいのですが、この国会議員を選んだのは誰ですかね?

…我々、国民ですよね。

我々は今までこんな奴らを自ら選んできたのです。
官僚にコントロールされてしまうそんな議員をえらんだ馬鹿は我々自身なのです。
安易に国会議員を責めれば済む問題ではありません。
しかし、逆にこの流れにピリオドを打てるのも我々の一票です。

オバマ大統領ではありませんが、『Yes, we can!!』
我々にしかできないのです。
今度こそ、本気で官僚制度をぶっつぶし(特殊法人廃止⇒天下り先をなくす)、本気で日本の将来を考える政治家を選ぼうと、一人一人の有権者が認識する時…強くそう思い、筆を置くことにします。
[PR]
by harapin56 | 2009-01-06 01:20 | 自己発信
2008年→2009年は、あまり年の瀬を感じることなく、淡々と迎えてしまいましたが、おめでとうございます、マラクニマンですm(__)m

今朝は珍しく昼勤ということで、起きてからゆっくりする暇もなく8時には家をあとにし、9時からapにてバイトしてきました。
純粋な現役大学生時代には時給アップ効果も手伝って、積極的にシフトinしたものですが、社会人になってからは、ただただ「休みくれ…」というそれだけで、たいしたモチベーションもかからない現状…それでも無い愛想を振り絞って頑張ったと思いますよ。

帰ってきてからは、おとそ・おせちをいただき…
恥ずかしながら、学生ということで、お年玉という生活支援金までいただいてしまった次第です。

今日、明日で安息の家族団欒は終焉を迎えます。
また3日からは怒濤の授業ラッシュ。
今日は、最後までゆっくりすごします。

では、本年も皆様どうぞよしなにm(__)m
[PR]
by harapin56 | 2009-01-01 20:16 | UP↑系