古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

<   2011年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

年内講座の終了。

本日の日本史②をもって終了。
明日28日は丸一日部屋の大掃除をして、
29日にクリスマスベイビーが誕生した彼女のお姉さんのお見舞いへ。
30日に実家へ帰る予定。

暮れ、正月はバイトの予定もなく、講座が止まっているこの時期に、
ポイントをまとめたマイノート作成とあまり手を付けていない指導要領の学習に専念する予定。
この時期の一日あたりの平均学習時間を12時間とする。

明日の朝勤が働き納め。
お休みなさいm(__)m
[PR]
by harapin56 | 2011-12-27 23:27 | 教員採用試験に向けて

緊急報告です。

今実家に帰ってきていて、これを書いてますが、
22日深夜に携帯電話を紛失しました。
23:30分頃に最終発信しているので、
可能性としては千里丘駅か電車内での紛失と思われます。
明日連絡を入れてみて、見つからないようなら機種変更を余儀なくされるかな…。
[PR]
by harapin56 | 2011-12-23 23:24 | DOWN↓系

大学生劣化。

低俗な話を大声で恥ずかしげもなく
ブサイクが超絶上から目線の恋愛論
日本人辞めてくれないか…
隣国人なら許せると思う。

同志社も落ちたわ…
こんなアホでも大学生できるんやから学歴なんて糞だな。
[PR]
by harapin56 | 2011-12-19 17:51 | DOWN↓系

残念な人達。

日曜・祝日の宿命、3コマ拘束の昼休憩中、マラクニマンです。
お腹痛い…御飯が喉を通らない…瀕死です。。

本日は、法規→法規→心理のつまらん流れを満喫しています。
いわゆる、お勉強…ですな(_´Д`)ノ

しかし…東アカに通い始めて約一ケ月が経とうとしており、
大概の講師陣に触れた結果言えるのは…

教え方抜群なのに、何で思想を授業に持ち込むの?(ノд<。)゜。

元教諭が多いので、左巻き思想が多いのは分かります。
でも、公務員時代に求められたのは、政治的中立だろ???
まさか、教諭やってる時にこんな授業してたわけじゃあるまいね…???

折角いい技術をお持ちなだけに残念です。。。

反面教師として良い勉強にはなっていますが、
自分は絶対に政治的思想は持ち込まずに授業をしようと改めて思わされています。
当たり前なんですけどね…。
教師の役割は水やりであり、種蒔きではないというのが持論です。
さて…後半も頑張りましょうかね( ´人`)
[PR]
by harapin56 | 2011-12-18 12:47 | 教員採用試験に向けて

化学。

今日は授業がなかったので、お昼から自習。
日曜に習った化学『物質の性質』の復習をした。

小学校で授業することだけ考えれば、
重要なのは、気体の性質を把握して相応しい捕集方法を理解することや
実験に際する注意事項を理解することになるかと思う。
一例を挙げれば、酸素は助燃性を持つ水に溶けにくく空気より僅かに重い気体であり、よって水上置換で捕集する…とか、試験管を加熱することにより捕集する場合は、液体が発生することも考慮して試験管を熱している方が高くなるように傾ける…など。

ただ、採用試験では高等学校レベルは出題されるので、より高度な知識が必要に。
自分は、理科が苦手(物理に至っては定期テストで0点を取ったこと有)、
高校半ばには捨ててたので苦しいなぁ…と思っていた。
…が、きちんと授業受けてみると、今は結構わかる。
なんだ、これ???先生の教え方がいいのか?当時の俺が聞く耳もたなかったのか?
多分後者なんだと思う…知能指数が急激に変化するなんてないもんね。寧ろ下がっててもいいくらい。
勉強したい!っていう意識が格段に違うんだろうね。

当時、困難を極めた化学反応式。
わかってしまえば面白くて仕方ない。

例題) 過酸化水素水から酸素を発生させる化学式を作りなさい。

           MnO(2)(二酸化マンガン)…あくまで触媒
                  ↓
 H(2)O(2) →→→→→→→→→→→→→ H(2)O + O(2)


これでは、あかんのよな。
というのも、『質量保存の法則』というのがあるから。
物質は変化しても、前後でその質量は一定でないといけない。
ケーキを二つに分けても、分ける前と分けた後で質量変わらんのと同じ。
(変わったら怖ぇ…)

変化前(左)では、H が2つ、O が2つ。変化後(右)は、H が2つ、O が3つ。
これが、変化前=変化後になるように数を合わせに行く。

まず、違いが明白なのは O の数。変化前が少ない。だから増やそう。
H(2)O(2) がもう1つあるとする。
これで、左は H が4つ、O が4つ。
うぉ…!今度は右に関して H が2つ Oが1つ足りない。
あ、じゃあ右の H(2)O がもう1つあることにすりゃいいじゃん。
というわけで、こうなる↓

           MnO(2)(二酸化マンガン)…あくまで触媒
                  ↓
 H(2)O(2) →→→→→→→→→→→→→ H(2)O + O(2)

これで左も右も H が4つ、O が4つ。

コツ掴めば、こうして化学反応式の係数関係も楽勝なわけですね。

勉強楽しい…。
[PR]
by harapin56 | 2011-12-07 22:44 | 教員採用試験に向けて
講義聴いてるとものすっ・・・・・ごく自分が授業やりたくなるわ。。

「先生の説明分かりやすいわ…
あ、でも俺なら中高生相手やったらこういう例を挿むな…」

という感じでアイデアが溢れてくる。

先日、日本史の授業で明治維新の主だった流れを教えてもらった。
歴史的人物がある政策を行った場合は、
必ずその背景と狙いを説明してくれる先生で、
今まで受けた社会科の中でダントツに歴史を面白く感じさせてくれる人なのだが、
藩籍奉還から廃藩置県までの必然的な流れと狙いの説明が秀逸だった!

まず、年号を覚えていないとして、この2つの政策のどちらが先かわかるだろうか?
俺はわからんかった…。
でも、政策の中身を具体的に掴めていたら、年号知らなくても順番わかるんよな。
藩籍奉還とは『藩(土地)』と『籍(人民)』を中央政府に還すということだ。
各々が抱える土地と人民を失った大名達はどうなったか?
『知藩事』と名前を変えて自分のものではなくなった土地と人民を、政府から給料貰って監督することになった。
(だから、まだこの時は藩という名称は残っとるんね)
その2年後…廃藩置県。読んで字の如し。
藩を廃止して、代わりに県を置いた。
その時知藩事は…?
東京に集められて、「政府が給料やるから何もすんな」と囲われた…と。
知藩事はお役御免、代わりに中央政府から役人が派遣された。

このように、具体的に理解できていれば年号確かにいらんよね。
藩を廃止して、役人送っておいて、
あとから大名が知藩事として復帰なんておかしいもんね。
必然、藩籍奉還→廃藩置県の流れになる。

もう一つはこれをやった狙いだ。
江戸時代の旧体制は、将軍様ですら藩の決めごとに口出しはできない完全地方分権体制。
一方、明治政府が目指したのは180度逆の中央集権体制。
でも、振り返ればおよそ270年も人民は地方分権体制下にあったわけで、
従来の名残を残したまま、いきなる中央集権体制に移行できるわけがない。
そこで、名残を消し去り全く新しい状態に人民を放り込む必要があった。
よって上2つの政策なのである。

…めちゃくちゃ分かりやすかった。
でも、ここで俺の頭の中では、現代の中高生にも当てはまる身近な例探しが始まった。
それで出てきたのが『元カレ・元カノの思い出消去』だった。

「いぃか、足立(仮名)くん?お前に彼女ができたとするだろ?
お前はその彼女のことが好きで好きで堪らんのだよ。
でも、彼女は元カレのことを結構引きずっているわけだ。
時にはお前に隠れて元カレとのプリクラや元カレからプレゼントされた指輪を眺めている始末…。
お前はなんとかしてそんな彼女のハートを独占したい!!……どうするね???
うん、そやね…良いか悪いか、そんな権利はあるかないかは置いといて、
彼女の所有する元カレメモリーグッズを捨てたくなるよな…明治政府もそうやったんよ…」

ど…どうだろうか?
分かりやすくないだろうか??
あぁ…1回この授業やってみたい(´Д`)
(年頃の青少年を刺激するような卑猥な色恋話は止めて欲しいザマス!!
…てなPTAの苦情は受け付けませんww ←小6担当時に実際に言われた言葉)
[PR]
by harapin56 | 2011-12-06 10:39 | 日々雑感

専門学校に通い始めて。

11月19日(土)より正式に専門学校に通い始めた。
学生:非常勤(常勤)講師:社会人や主婦やフリーター=2:1:1って感じ。
教員だけでなく普通の公務員を目指している人達もいるのでその様相は様々。

まだ通って半月程度なので格段に力が付いたとは言えないが、しかし専門学校には通ってよかった。

①指針が明示された

独学でやっている時は、全部やろうとしていた。
で、パンクしていた。
ここでは、学習カリキュラムにより、今自分が何をすればよいか明示してくれているので、それが一つの大きな指針となり、スムーズに学習できている。
また、大事な点も明示してくれるので、学習の優先順位も明確になってくる。

②新しい解法や効率的解法の習得

この年になってまだ新しいものを習得できるとは思ってもみなかった。
一部残念な方もいらっしゃるが、講師の方々は「流石プロ!」と思える最も効率的な解法(参考書に載っていないもの)を紹介してくれる。
特に京都市の一般教養では時間との勝負になるので、本当に有難い。

③リズムができる

バイトにあまり入らなくなったのもあるけれど、
ほぼ毎日のように通うことで、学習のリズムができた。
調子に乗ってサボる暇さえない過密スケジュールは、
自分のような怠け者には有難い。

やれる自信も付き、日々少しずつ力を付けている自分を実感できていて、今非常に充実している。

また明日も頑張ろうと思える。
早く一度全国模試を受けてみたい。
[PR]
by harapin56 | 2011-12-05 02:24 | 教員採用試験に向けて