古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

世のため人のため、自分のため。

他人に介入すると己の身を滅ぼすのだ。
だから、一切他人に関わらないというわけではなく。
ただ…
その時々の様々な外的要因によって、線引をしておく必要がある。

でないと、
めぐりめぐって自分に不本意な火の粉が降り掛かる。

これは臆病だとか逃げではない。
自分を守れずして他人を守ることなどできはしない。
だからこそしっかりと自分を守らなくては。
今から関わっていくであろう、また、未来に出会うであろう他人のために自分を守らなくては。

社会人になって大きな気付きの一つだろう。
[PR]
by harapin56 | 2006-07-08 21:56 | DOWN↓系