古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

日々膨らめど如何ともしがたく。

想いを馳せても届かじ。
ゆるりゆるりと苦しい時は流れるかな。

想い人よ…

今何処…。

何を見ているのでしょう。

プラトニックを貫く覚悟もできないままに、
日々想いは募るばかり。

泣き言を書にしたためるこの行為すら恥ずかしいものに感じるのに、止めることはできず…。

動けないジレンマを抱えて少し不幸せを感じながら、尚、その存在に励まされ、今日がまた終わる。
[PR]
by harapin56 | 2006-08-24 00:08 | UP↑時々DOWN↓系