古都出身マラクニマンの刹那の日誌…客観的な観察と、時に暴走する情動が交錯する…呂蒙は云った「士、三日会わざれば刮目して見よ」…都落ち寸前、ラスト落ちサムライが今宵討ち入る…かもしれない。


by harapin56

カテゴリ:自己発信( 100 )

先日の続き。

自分の考えるエリートの定義とは以下の通りである。

①幅広い知識を備えていること。

②教養に富んでいること。

③使命感をもっていること


①②に関しては、もはや当然としてよい。

問題は③の有無ではなかろうか?

イギリスの貴族を例にとってみよう。
彼らは生粋のエリートである。
幼少の頃から、上層教育を施され、教養・知識ともにハイレベルなものが求められる。
しかし、それだけではない。
彼らは、『自国の民を守る』という使命感に満ちている。
事実、彼らは戦争の際、先陣をきって飛び込み、兵を牽引する。
この辺りがアジアの貴族とは異なるのだが(どうも、アジアの貴族はぶくぶくと太っていて、有事には何もしないというイメージがある)、いざという時は責任を全うするのである。

日頃、民から税金を巻き上げて暮らす貴族が許されるのも、こういった背景があるからであろう。
当然、戦闘において前線を張るためにはそれなりの武芸も必要である。

つまりは、すべてにおいて彼らは人並み以上を保っているのである。

そして、それは必ず使命感と一体である。
昨今の政治家に当てはめてみると、①②はあるが③はないという人間が多いように思われる。


さて、文才があまりないために、至極論理的に説明できた自信はないが、エリートの条件に使命感が欠かせないという主張は理解いただけたであろう。

では、塾において我々が果たすべき役割は何か?

それは①に他ならないと私は思う。
無論、①以外の要素をまったく盛り込まなくてよい…というわけではないが、その人には塾以外の様々な環境があることを考えれば、塾の分を越えてはならないと思う。
だからこそ、我々は全力で知識人を育む教育をせねばならない。
塾の一講師としての本文は、そこにあるべきだと私は考えます。
[PR]
by harapin56 | 2007-02-28 21:21 | 自己発信

2007年2月23 日の学び。

『永遠に生きるが如く夢を持ち、今日死ぬが如く生きる。』


『今日という日は、残された人生の最初の一日。』


『天命の前に、天道是か否か。』
天道有也なれば、何故に阪神大震災にて罪のない人々が天に召されたのか?
[PR]
by harapin56 | 2007-02-24 07:27 | 自己発信

大人の階段。

夢を、理想を追いかける無垢な少年の心を持って生きることはとても大切なことです。
それがまったくない人、つまりは、「だめだろう…」とか「無理だって…」
なんて言葉が口癖になっている人と接すると少し苛々します。

しかし、その人たちに過去、夢がなかったかというとそうではないわけです。

いつの間にかそうなった。
…そういうことなのでしょう。


これが完全に悪だとは、昔と違って最近は思わなくなっています。

前述した言葉の背景には、【妥協】が存在しているのですが、大人になるということは、同時に妥協を覚えることだと思うのです。

この妥協が、人生における不条理感をうまく中和してくれるのではないかとすら思えます。

しかし、妥協に塗れるのもまた好しとはできない自分がいます。

世の中にはそういう人たちもいるんだ…と頭ではわかっていても、なかなか認められない、許せない。

自分の勝手な価値観を押しつけてものを見ているのに、困ったもんです。

割り切っているつもりが割り切れていません。
冷めたふりをしていて実は熱いようです、私の心は。

誰が悪いとか、誰のせいだとか、そういった問題ではないのです。

許せない自分のキャパの低さや傲慢さ…そういったものに少しずつ腹がたちはじめているのでしょう。

とにかく藻掻いてみようと思います。
何も見つからないかもしれませんし、何か見つかるかもしれません。
[PR]
by harapin56 | 2007-01-29 22:18 | 自己発信
謹賀新年。

明けました。おめでとうございます。

年越しの瞬間、特に何をするわけでもなく、
普通に家族におめでとうさんをして過ごしました。

深夜から初詣に出かける元気も、友人もなく、
ひたすら映画みていますね。

今年の抱負なんですが、

『目標設定』

にしました。

貴重な体験山積みだった2006。
それを活かして目標設定をしていこうと思います。

さて、4:30から「羊たちの沈黙」がWOWOWであるので頑張って起きておかないといけません。
不毛ですが、こういったことができるのも長期休みの醍醐味。
好き勝手やってやりましょう。

しかし正月番組って本当くだらねぇ…。
[PR]
by harapin56 | 2007-01-01 02:51 | 自己発信

天(Ten)命(Mei )

今に始まったことではないが、本社に研修に行くとげんなりする。

何がしたかったんだろう?
俺たち新卒を集めてやる意味はあったんだろうか?

わからないし、考えてもまったく見えない。

人材チームの人は責められない。
上にやらされてるんだろうし、ある意味被害者でもあるだろう。

新卒コミュニケーションワークを急遽、経営メンバーのテンメイ研修見学に変えてどうしたかったんだ、代表…。

そこに俺たちの、また俺たちのことを考えて研修組んでる人たちの気持ちはないのか?

…ないんやろうね。

鶴の一声で決まったわけだ。


今日はっきりした。

代表が求心できる人間は自分の意志を持たない人間。
「こうでしょ!!」って言ったら、
「はぃ、仰るとおりです」と言う人間。

悲しくなった。

そうしているそのものにも、周りを囲んでいる人も。

生意気言えば、みんな可愛そうだ。

理想はわかる。
みなが同じ方向を向いてやっていければ、そりゃあ凄いパワーが生まれる。
でも、現実を見て。

あなたがいらないって言う、アラインできなきゃ辞めろって言わなきゃいけない、そんな人たちが現に会社を支えてるんだよ。
みな、口には出さずともそれなりの悩みや苦しみと格闘してるんだよ。

口で言うことじゃない。
無理矢理説得してさせることじゃない。

あなた自身が背中で示す、語ることなんだ。
人がついていくってのはそういうところから来るんだ。

もう会社ごっこはうんざりなんよ。
せめて、放っておいてほしい。
[PR]
by harapin56 | 2006-12-07 14:32 | 自己発信
はっきり言って、明日の研修に行きたくない。

トヨタの「ドライブ・ユア・ドリーム」のように、会社にキャッチフレーズをつけること、半年。

『ヒュ○マン・ドリ○ム・サポ○ト・カンパニ○』 (○=-)

仰々しいフレーズをつけられた。

しかし、こんなもの、当たり前なのではないか?
…と思う。
各人が胸の奥に秘めておけばよい。

また、こうも思う。
仮に、大々的にこれを打ち出したことを軽い気持ちで善しとして、
その後、声高にそれを叫び、そしてそれに縛られなくてはならんのか?
…と( -_-)

これは会社の在り方を示したものに過ぎない。
一つの在り方の指針にはしていいと思うから、迷いが生じたときにこれを見つめなおす、という使い方は肯定できる。
だが、これに縛られることは、つまりは教典のように絶対的に不可侵なものを背負うことと同義ではないか?

そこまでのものなのだろうか…???

『お前はサポートする姿勢がないから、=駄目な奴だ!!』

そう言いたいのだろうか?

会社という集団はある意味宗教じみないと、皆が同じ方向を向いて走れないから、必要といえば必要なのだろうけど、こうした十字架にはなるべきではないと思う。

人は皆自分のなかに答えを持っているのなら、こういった十字架を背負わせることはしなくていいんじゃないかな?
それとも、やっぱり人は自分のなかに答えを持っていない?

さぁ、この矛盾をどう考えたらいいのか。
それを明日の自分の議題にしたいと思い、ペンを置くことにします。
[PR]
by harapin56 | 2006-11-29 23:04 | 自己発信

僕は仕事ができない?

今日そう言われました。
本店のあんちゃんがそうおっしゃってました。

そうだと思います。

何を怒っていたのか?

…計画性がないのだそうです。
その結果、駆け込み寺的に本店を利用して、当然傍迷惑この上なく、本店怒り心頭の構図。

怒りを買って当然ですね。

しかし、流れがわからんのだから、現場において直前でおたおたすんのはしゃーないんですわ、俺の場合。

他校舎はそりゃあミスないでしょう。
わかっちょる人がやっとるんだけん。

校長、教務、事務、三人の校舎。
校長は営業をします。
事務は請求関係、その他もろもろをします。
教務は俺です。
俺は校舎の企画立案を一手に引き受けています。
なんも知らん俺が(笑)

そら、ミスして当たり前だろ。…と自分自身思っているのは間違いなのでしょうか?

…否。非間違い。

と自己完結してみました。
怒られるのが嫌だとか、怒ってきた本店の奴らファック!とは8割方思っていません。
(2割の抵抗は認めます)

それが、俺の現状…と自己認識しています。

本店のあんちゃんも怒ってなんぼなのでしょう。

ただ、やはり現時点で、本店の仕事できる人物像と、俺のそれとは違いがあると感じています。

それを遠めからのたまうだけでは格好悪いし、悔しいので、
まぁ、本店の言うところの仕事できる人物になってみせましょう。段々とね…。

その上で、完全否定をしたいと思いますよ。

俺は仕事ができない。
それは、今のお話。

支店が本店を喰う日はそう遠くはないでしょう。

あ、その前に絶対的権力で、支店が潰される可能性も高いか?
[PR]
by harapin56 | 2006-11-18 22:34 | 自己発信

アホか!?

今ニュース(という名前はついているが、その価値はない番組)を観ていて、
相も変わらず、『いじめ自殺問題』が取り上げられていたのですが、
「なッ………!!??」
と思う節があったので筆をとります。

まず、親が国や教育委員会を訴えているようです。
訴訟そのものが悪いとは思いませんが、気になるのは訴状の中身ですわ。
『調査怠慢』で訴えるならわかります。
『自殺した責任』を彼らに押しつけるのはいったいどういう料簡なのですか???
俺はどんないじめが発生しても、相手がどんなに悪くても(いじめをしてる奴が悪というのは自明の理)、親が自分の責任を放棄してそれ言っちゃあ、おしまいやと思いますよ。
気付いてやれへんかったのは親やろ?
力になってやれんかったんは親やろ?
…そこ忘れたらあかんのちゃうかな。
一番味方になりえた人間やん?
頭かたいボケどもが、「何でも話せば楽になるのに、話す勇気を持とう!」
なんてのたまいやがりますが、俺は違うと思う。
子どもは子どもなりに、心配かけんとこうと言わないでいる可能性もある。
心の優しい子ほどそうなるんやと思う。
そこで、言われなくても気付けるのが一番身近で愛情注いでる親なんちゃうのん?
別にはっきりいじめられてる!なんて確信を持つ必要はないと思う。
「あ…なんか普段とちゃうな…」
ってくらいでえぇんやないやろか。
そこんとこ、なんも自分自身で言及せんと周囲に責任転嫁するんは…ちょっとなんか違うんでないのかい?と思えてなりません。

国が地方が学校が悪いと言う前に、自分の子どもくらい全力で自分で守れよ…と言いたいです。



さらに…

現文科省大臣、伊吹文明氏が、「未来の君たちへ」
と題して、いじめによる自殺を考えている子達にメッセージを公式文書で投げ掛けていました。
構成は、上段がいじめをする加害者に対して、
『弱いものいじめは恥ずかしい行為だ』
…と、けだし名言。
下段がいじめられた被害者に対して、
『何でも話そう、そうしたら楽になる』
…ってさ。
ニュースで全文読むのかと思いきや、大事な部分だけ読みますと始めたのはなんと下段から!!

…ぉ~ぃ………。
なに、この偽善的な番組構成?
腹立ってチャンネル変えました。
マスコミってプライドとか芯がないんだなと改めて痛感しました。
ニュースは偽善に満ちています。
なんか、『我々は市民の味方です!』って喚いてる市民の敵:共産党みたいね。
[PR]
by harapin56 | 2006-11-18 00:29 | 自己発信

あいらぶゆー。タント。

ずるいよね。あのCM。

尾崎なんだもん。
車関係ないんだもん。

尾崎豊…。
僕はね、決して音楽センスに彼が秀でていたとは思わへんのんよ。
じゃけど、他の何人も発信できんメッセージ性を感じるん。

ハーパーのシングルを右手で転がしながら、浸りたい。
そんな尾崎、僕にとっての尾崎。
『卒業』や『十七歳の地図』のように自らを解放したい時に聞きたい曲もある。
しかし、僕の尾崎はバラード。
僕は、『群衆の中の猫』、『ダンスホール』、『シェリー』が好き。特に好き。
一人で聞きたい。
心の奥底からエナジーが湧いてくる感じがするから。
尾崎の唄は素直だと思う。
格好つけた台詞も尾崎自身なんだと思う。

だから響くんだと思う。

僕は歌を歌うわけじゃない。
でも、同じスタンスでメッセージを伝えたい。
嘘のないストレートな世界で感化したい。

そう思うのだ。
誰になんと言われようとも、そう在りたい。
[PR]
by harapin56 | 2006-11-16 01:34 | 自己発信

新説!定年理論。

このブログの中で、過去もしかしたら触れたかもしれないが、被っていたら悪しからず。


新社会人となって早七ヵ月。
嬉しいこと・嫌なことたくさんありました。
で、最近また嫌なことに目が行きがちなのですが、
その大半が嫉みなどから来る噂話によるもの、また、何とも尊敬しがたい上司によるものでして、
ふとした弾みから、記憶の奥底に封印していた『アレ』を思い出したのです。



そう、『新説男子定年理論』です。

実はこれ、学生の時に親父と爆笑していたものなのですが、かなり的を得ている、真理であるという自信があります。

この当時はターゲットは、政治家でした。
度重なる汚職や派閥闘争に嫌気がさし、
「何故に国を変えんがために立ち上がったはずの政治家が何時の間にやら自らの私利私欲のために政治家をしているのか!?」
ということを考えたのでした。
結論から言いますと、一先ず政治は男の世界として、みんながまるで女の腐った奴みたくなっている(つまりは、相手に適わないと見るや、嫉妬心から相手を引きずりおろそうと自分自身以外の魅力、金銭や地位で勝負し始める)ことが原因ではないか?ということに落ち着きました。
(女性の皆様、ごめんなさい。私は女性が大好きですよ。)
では、何故男が女のようになるのか?という問題に波及します。

ここからが大切なのですが、男性にあって女性にないもの…








そう、アレですよ。
所謂、下半身にそびえ立つバベルの塔!

こやつだったのです、諸悪の根源は!!

こいつが無くなるとは、つまり男性機能が麻痺することを意味します。

というわけで、斬新な定年理論を発表!

「いぃか、野郎ども!

チ〇コが立たなくなったら、仕事を辞めろ!」


(言い過ぎた!!!)

以上。
[PR]
by harapin56 | 2006-11-03 23:36 | 自己発信